Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
HP移行しております。
こちらをご覧ください⇒  (Click!) 
Img_1a013f47dd0553feaa9f42d1971d4d3c
羽尾皮フ科クリニック(品川区) アートワーク:小木曽瑞枝 コーディネート:Hasu no hana 写真:内山高之
Img_b650beb24810cb561d9cb6baf90f3129
Img_24302487a19689589c62b2b28b5da436
6/8〜スタートするHOSPITAL ARTをテーマにした展覧会。
詳細はこちらから!⇒
 (Click!) 
※こちらのHPはゆるやかに閉鎖に向っております。
ご登録はリンク先にご変更お願いいたします。

------------------------

かつて”お金がなくても芸術で生活を豊かにしよう”という運動が起こったことを背景に、スウェーデンでは公共建築の新築・改築に際して予算の一定比率をアートにあてることが法律で定められているそうです。

Gallery Hasu no hanaでは2015年に続き、2回目となるHOSPITAL ARTをテーマにした展覧会を開催いたします。
昨年は、医療関係者や通院・入院された経験のある方、病院に作品が設置されているアーティストたちから様々な関心や声があがる反響のある展覧会となりました。
病院や福祉施設は閉ざされた場所ではなく社会の地続きにあるということ。
気持ち的な安らぎを得られるもの、またコミュニケーションの潤滑剤としてのHOSPITAL ART。その重要な役割にふさわしいと思える作品を多数ご紹介いたします。


参加:池田由紀子 佐野陽一 藤田道子 三田健志 吉野もも / 小木曽瑞枝 マダジュンコ 

会期:2016年6日8日(水)~ 22日(水)
時間:月・木・土・日 12:00~18:00
   水・金     15:00〜22:00 
休廊日:火曜日
入場料:400円
Img_8f5ff0b41373e240263acc26643ece24
Img_014b79d49e0dc6751239d20b5a04fce7
Img_6c0455f1c306cce3a8331fde35e32c35
※このHPは今年で閉鎖し、新しいHP一本にします。
登録されている方などはどうぞwww.hasunohana.netに
ご変更をお願いいたします。

小方英理子展
『Crossed fingers』 (Click!) 
会期:2016年5日21日(土)~ 6月3日(金)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00
   水・金     15:00〜22:00 
定休日:木曜日
入場料:400円


今年2月に開催をした『アーティストのブローチ展』に参加した小方英理子の、当ギャラリーでは初めての個展を開催いたします。

小方英理子は『記憶をとどめる方法』、『素材と生き物の境界線』を掘り下げ、黒泥土や磁器によるタイル作品や、人物をモチーフにした立体作品を制作している作家です。
武蔵野美術大学でテキスタイルコースを卒業後、ニューヨークに渡り陶芸を学んだ小方は、人体解剖図から夢想したシリーズ、人と家畜の歴史などをテーマに馬、羊、山羊、ロバなどの動物を制作してきました。現在の作品は髭の紳士が特徴的にも思えますが、実は人物を作るようになったのは日本に帰ってきてからだと言います。

おとぎの国のような実在する話しや、自身の記憶や経験から紡ぎ出されるイメージ1つ1つをまるで糸のように束ね、大切に編み上げる造形は、時代の流れにはとわられない強さがあり、わたしたちに様々なストーリーを想像させ独自の世界へといざないます。

大切な誰かを守る為に、受け継がれ進化した編み模様。
幼い頃から繰り返してきた、おまじないのような決まり事。
誰もが持つ、祈りのような気持ちをテーマに、本展では作家にとってしばらくぶりに挑んだ大きな立体作品の発表をいたします。
Img_8016d04064224f7b5b0d7273c5873c5e
Img_28b74617d15996e454565a8a2c8b935c
5/8母の日にお届けのお花のご予約は4/30に
締め切っておりますが、その後便であれば
まだ受付は可能となっております。
その場合、お届けは5/9月曜日を予定しております。

予約はこちらから
 (Click!) 
Img_a88cc3a015ddc14d363ac2eba40d235a
Img_034a6e1e28ee151b680aeb302a9bb47d
Img_878d5b31216145cd36cc753d0445dcec
◉回顧展 望月計男とどうぶつたち 5/6まで会期延長決定いたしました。
詳細はこちら⇒ (Click!) 

◉5月21日〜小方英理子展詳細情報upしました。
詳細はこちら⇒ (Click!) 

◉母の日のお花 予約は4/30まで!!
詳細はこちら⇒ (Click!) 

※このHPはゆるやかに終息へ向います。登録している方は、
www.hasunohana.netに変更をお願いいたします。
おひねりプロジェクトの報告です。

浅野暢晴展『百目(ひゃくめ)』
2016年3月20日(日)〜28日(日)木休みを除く会期8日間で
おひねりいただいた総額は4,880円となりました。

900円を搬出時の駐車場代として、
3,980円を広報費の一部として使わせていただきました。

おひねりいただきました皆様ありがとうございます。

さて、これをもっておひねりプロジェクトを一旦ストップいたします。
おひねりプロジェクトは実験的な形で取り入れてきました。
ある意味パトロン的に未来あるアーティストを応援する意味で
取り入れてきました。賛否評論な意見もありました。
どちらかというと、アート関係者の方が否な意見で、観客側からは
賛成の声をいただいていたように感じます。
今回、おひねりプロジェクトを一旦ストップしようと
思ったのは、もう少しプロジェクト的変えようと思いはじめたからです。

おひねりプロジェクトを開始以来、Hasu no hanaで自主的に行ってきました。
もちろん作家さんにその主旨を伝え、そして、作家さんにも色々な
形でお渡ししてきました。搬入搬出代として、配送費を負担して、などなど。

展覧会を作家さんと一緒に作っていくように、おひねりプロジェクトも
また、作家の意思を伺い、やるならばそのリターン的なこと、つまりクラウドファンディング
的な形を取るとか、もしくはやらないなどを含めて、考えてゆこうと思っています。

そして、Hasu no hanaはまた新たなギャラリーの形の模索として、
入場料を300円から400円に今後は変更いたします。
コマーシャルギャラリーでもなく、レンタルギャラリーでもない
アートスペースの形を探します。
もちろん販売してゆくことも考えながらも、それだけに捕われる事なく、美術館と同じ様に
純粋な鑑賞目的でも可能な企画展の運営方法はないものか。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。



いよいよはじまる回顧展 望月計男とどうぶつたち。
Hasu no hanaは水・金が15時〜22時のナイトギャラリーです。
初日8日も金曜日なので、15時からとなります。

お間違いないようお願いいたします。

展覧会詳細はこちら⇒ (Click!) 
このサイトはゆるやかに終息へ向います。
”つみくさ”ワークショップの情報をupしました。
詳細はこちら⇒  (Click!) 

このHPは来年くらいに閉鎖しますので、今後は www.hasunohana.netを
見ていただければと思います。現在情報の多くはそちらを中心に
upしております。
Img_4193602173d775dcb599b2450370c1f2
Img_1790b0b7853658d6820b6e987447fe38
回顧展
望月計男とどうぶつたち
開催決定いたしました。
詳細はこちら⇒ (Click!) 
おひねりプロジェクトの報告です。

岩谷雪子展『越後妻有から 』
2016年1月10日(日)〜2月6日(土)木・金休みを除く会期20日間で
おひねりいただいた総額は17,685円となりました。

17,685円を印刷物などの展覧会運営費の一部に充てさせていただくこと
にいたしました。

おひねりいただいた方々ありがとうございました。