Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
おひねりプロジェクトの報告です。

浅野暢晴展『百目(ひゃくめ)』
2016年3月20日(日)〜28日(日)木休みを除く会期8日間で
おひねりいただいた総額は4,880円となりました。

900円を搬出時の駐車場代として、
3,980円を広報費の一部として使わせていただきました。

おひねりいただきました皆様ありがとうございます。

さて、これをもっておひねりプロジェクトを一旦ストップいたします。
おひねりプロジェクトは実験的な形で取り入れてきました。
ある意味パトロン的に未来あるアーティストを応援する意味で
取り入れてきました。賛否評論な意見もありました。
どちらかというと、アート関係者の方が否な意見で、観客側からは
賛成の声をいただいていたように感じます。
今回、おひねりプロジェクトを一旦ストップしようと
思ったのは、もう少しプロジェクト的変えようと思いはじめたからです。

おひねりプロジェクトを開始以来、Hasu no hanaで自主的に行ってきました。
もちろん作家さんにその主旨を伝え、そして、作家さんにも色々な
形でお渡ししてきました。搬入搬出代として、配送費を負担して、などなど。

展覧会を作家さんと一緒に作っていくように、おひねりプロジェクトも
また、作家の意思を伺い、やるならばそのリターン的なこと、つまりクラウドファンディング
的な形を取るとか、もしくはやらないなどを含めて、考えてゆこうと思っています。

そして、Hasu no hanaはまた新たなギャラリーの形の模索として、
入場料を300円から400円に今後は変更いたします。
コマーシャルギャラリーでもなく、レンタルギャラリーでもない
アートスペースの形を探します。
もちろん販売してゆくことも考えながらも、それだけに捕われる事なく、美術館と同じ様に
純粋な鑑賞目的でも可能な企画展の運営方法はないものか。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。