Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_1b46ad460c6b46b32bfa5f05af1ad3684202ce75
Img_1361712adea598c8012a9a73a9cdc8fe08404318
Img_d646934fed60fa5137c3f8d7b0cfc5b64a3640d5
おひねりプロジェクトの報告です。

市原悠輔展『大人noおもちゃ』
2012/9/2-26 木曜定休日&休み除く 会期19日間でおひねりいただいた総額は
42,143円となりました。

12,170円をDM印刷費として、
12,000円を展示準備費として、
9,071円を展示運営費&宣伝費の一部として
8,902円を搬入搬出費の一部に当てさせていただくことにいたしました。

市原悠輔展ではおひねりプロジェクト初の作品参加型でした。

おひねりしていただいた後に、作家が用意した旗をひとつ選んで、
好きなところにつけていく。
最終日に、旗を完全にフィックスし、そこで作品が完成!

予想以上の反響に、最終日に旗が足りなくなってしまいましたが、
市原さんと、おひねりプロジェクトに参加、賛同してくれた方々の
気持ちがたくさん、たくさんはためきました。

搬入初日、寂しかった銭湯の煙突の作品は、最終日は、会場のどの作品より
華やかで来場者の目を楽しませておりました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。



市原悠輔さんよりメッセージいただいております。
--------------------------------------------------------
今回、参加型おりねりプロジェクトに参加いただいた皆様へ

今回、展覧会をさせていただきました市原です。
皆様に参加いただいたプロジェクトは、26日の終演時には
まるで未来の希望のようにハタメイテいました。感無量です。
ありがとうございました。

最後の一枚は、3歳のかわいい男の子でした。ありがとう!

子供から大人まで、まさに私が望んでいた通りにたくさんの人たちに愛された
企画になりました事を、この場をおかりして感謝申し上げます。

見に来て頂いた方々に、何か少しでも心にお土産を持って帰って頂けたかなあと
今、部屋にあるハタを見ながら感じます。

また、何かの形で皆様とお会い出来る事を楽しみにしています。それでは。

市原悠輔

--------------------------------------------------------

また、おひねりプロジェクトについてもお言葉いただきましたので、
ご紹介させていただきます。

--------------------------------------------------------
『おひねりプロジェクトは、美術革命なんです。
以前、私が個展を開催した際、
美術と縁が無かった妻から「なんでチケットないの?」と言われました。

多分、そこで初めて【疑問】を持ったのだと思います。この日本の美術界に。
もともと、危うさは感じていましたが…。


私は、声を大にして言います。
美術こそ、この日本を変えうる文化だと!
技術的にフォローしてもバレテしまうくらい、本当にリアルなウソの無い世界。
まったくもって、真の表現の世界だと思っています。

このおひねりプロジェクトは、そうした日本の、表現に対する無関心な感覚への、
もっと言ってしまえば、日本人の弱さへの、事実上、初めてNOを突き付けた企画
だったと思います。

一人から始まるストーリーは、いづれ、時をかけ、この国の根底を覆すくらいの
力になると思いますし、わ たしも妻もぜひとも、その一人になりたいです』
会期中に、店内に置いていた作家インタビューupいたします。
-----------------------------------------------
市原悠輔展『大人noおもちゃ』

Hasu no hanaにて市原悠輔展『大人noおもちゃ』を開催するにあたり、
少しお話を伺いました。(聞き手:Hasu no hana/フクマカズエ)

F:展覧会のタイトルですが、前回の展覧会も大人のおもちゃでしたよね。
市原さんがテーマにしている大人のおもちゃとは具体的になんですか?

市原:うーーん。うーーん。

F:「大人」というか、市原さんのおもちゃ、ということですかね?

市原:はい。そうですね。大人になりたくない願望です。
子どもの目線を持っていたいというか。皮肉やインパクトなども考えてつけました。

F:市原さんの作品は背広と建物がモチーフが繰り返し出てきますね。

市原:背広は大人の象徴です。
建物というか景色ですね。
よく見ていた光景が大人の勝手な都合により、町の景観がどんどん壊され、変わっていく。
つい最近も窓から見えていた銭湯の煙突が突然消えました。

F:段ボール、ビニール傘、梱包材などを使用した作品が多いですが、
素材についてのこだわりはありますか?

市原:素材、というか昔は、まったく色を使わなかったんです。
例えば柿渋などの地味な色で作品を作ってました。

2005年の個展「正円の為の公式と解説展」という展覧会で、高校生か専門学生くらいのグループから
「なんだこれ?」という声が聞こえ、ショックでした。
美術手帖にも掲載していただいたのですが、玄人受けはしても、そうでない人には全然伝わっていない。
と思ったのです。

それから、展覧会後作品を(作品以外の家具などもですが、、)一切捨てました。
そこからしばらく作品を作らなかったのですが、再度手を動かそうと思った時に、何もなかったのです。
そこで部屋にあるもので作り始めたましたが、たまたま色がある素材でした。

色を使うのが楽しくなり、色があると全然違うと思いました。
それじゃあってことで、絵の具なども使い始めるようになりました。

F:市原さんは今まで製作した物の多くを壊してしまっているそうですが、それは何故ですか?

市原:昔は、作り終わったら、興味が失せるというか直視したくないというか。
卒業制作も講評後にすぐ焼却炉に持ってゆきました。
あと、単純に保管しておく場所がないということでした。

F:大人のおもちゃ のタイトル通り、市原さんは社会の矛盾や理不尽さなどへの気持ちを浄化させる為、
そのアウトプットとしての作品作りであり、だからそれは積み木のおもちゃのように、
作る形にすることが重要で、作り終わると役目を終えるというか、アウトプットされたものに
興味がなくなるので、壊してしまうと思っていました。

市原:それもありますね。

F:最近も作品を残してはおきたいという気持ちはないのですか?

市原:最近は変わりました。形として、写真でもなんでもいいので、
記録として残してはおきたいと思っています。
それから作る、という行為を純粋に楽しんでもいます。

だから、会う人、会う人に使っていない倉庫があったら使わせてくれと
伝えてます。(笑)
Img_0cce639ab15d2fdab26551b871fb186cb640c157
Img_c428b059eb6fd47309a0af6e0d4c076ce6785c86
6日無事搬入も終了し、7日から志村冬佳展『Dolls』はじまります。
あっちをむいたり、こっちをむいたり。話を聞いてない、きままな鳥君達や、
キャベツや花の妖精(?)が会場をにぎやかにしています。
ちょっと不思議な、独特な世界に誘い出してくれますよ。

また、今回は親子コラボがあります。
普段、志村さんの額を作っているというお父様の、木のコップや、
ユニークな漆のスプーンが並びます。
ひとつひとつ、味わい深い表情を出しているので、手に取ってごらんくださいね。
9月30日に動物裁縫セットをご注文いただいたM様。
お返事をお送りいたしましたが、メールは届いておりますでしょうか。
Img_a38a2402fc5ebe418f7451bc87afc033a26e6a49
開発好明展『雷と雨だれ ~ 窓の中にはいつもクラゲと蜂と台形が浮かんでる』
2012年11月2日(金)~26日(月)
11/2 opening party 「Low-Tec ミニLive」

茶室など発砲スチロールを使用した作品をはじめ、インスタレーションや
パフォーマンスなどで、精力的に作品を発表し続けている開発好明さんの
展覧会を開催いたします。

開発好明(1966年山梨生まれ。美術家)HP: (Click!) 
2012年活動:六本木アートナイト、越後妻有トリエンナーレ、六甲ミーツアート他多数参加

ゲスト作家
岩田諒子 柵木愛子 吉野もも 
11月17日18時~ 
女性作家3名のアーティストトークあります!
『女子トーク Girls トーク お初トーク』
19日金曜日はお休みとなります。
木曜定休日なため、18-19が連休となりますので、
お間違えないように、ご注意くださいませ。
好評の志村冬佳展ですが、今週末を持って終了いたします。
最終日28日日曜日は『17時』までとなりますので、お時間には
お気を付けください。

一般的にですが、展覧会は最終日は時間がいつもより早くに終了する場合が多いです。
理由はその後に搬出をするからです。
時間外に『駆け込み』といって来ていただけるのは嬉しい反面、搬出後で
無駄足になってしまったり、作家さんの中にはレンタカーなどで何時までに車を
返さなくてはいけない、という事情があったりするケースもあります。

と、いうことで、志村冬佳展最終日の時間の17時まで。
何卒お気を付けていらしてくださいね。
いただくようお願いいたします。

10月31日水曜日は展示準備日としてお休みとなります。

木曜日は定休日(搬入)で開発好明展は2日金曜日からとなります。
是非是非ご来場くださいませ。
そして、こちらも!
2日は19時からオープニングイベントとしてlow-tecのライブがありますよ。
予約などもいらないので、ふらっと遊びにきてくださいね。

【low-tec】
作曲担当の高安利明さんとパフォーマンス中心の開発好明さんのユニット。 
身近にある素材や音源をつかい、音を楽しむことを主軸にさまざまなアプローチから演奏する。

おひねりプロジェクトの報告です。

志村冬佳展『Dolls』
2012/10/7-28 木曜定休日&休み除く 会期18日間でおひねりいただいた総額は
37,190円となりました。

12,280円をDM印刷費として、
7,473円を宣伝費の一部として、
17,437円を搬入搬出費、作家交通費の一部に当てさせていただく
ことにいたしました。

おひねりいただいた皆様本当にありがとうございました。



今回感じたことをひとつ。

おひねりプロジェクトは会場の片隅でひっそりとおりねりを入れる
瓶をおき『展覧会がよかったら、そのお気持ちのおひねりをお願いします』
みたなことくらいしか書いていません。
近くには、おひねりプロジェクトの主旨、展覧会毎の報告をプリントアウト
したものを置いています。
それに目を通す方より、通さない方の方が圧倒的に多いです。
それでもみんな『展示を見れてよかった』という気持ちを表してくれます。

今回、志村さんの職業柄学生も多くいらっしゃまいしたが、その方達も
自発的におひねりをしていた方が多かったのです。

それは私にとって驚きでした。
でももしかしたら美術館以外の場所での展覧会というものに、
何の先入観もない彼らの判断
(作家を応援したいから、作品から何かを感じることが出来たから)
はある意味、率直で自然なのかもしれない、と。

そうしたら、なんだかおひねりプロジェクトは実に、
健全な形で展覧会を開催できているのではないか、と思うのでもありました。
Img_17b9129d597f64b6954e550769cd4b76a6a32fa3
Img_d5475fe9ca2bf3019326661807609e81a25759ce
まもなく開発好明展がはじまりますよ。
初日は19時からミニLIveがあります。
予約などは不要ですので、ふらりと遊びにきてくださいね。
もちろん早めにきて展覧会をじっくり見るのもおすすめ。

開発好明展『雷と雨だれ ~ 窓の中にはいつもクラゲと蜂と台形が浮かんでる』
2012年11月2日(金)~26日(月)
12:00-19:00(close木曜日)
ゲスト作家
岩田諒子 柵木愛子 吉野もも 

11/2 opening party 「Low-Tec ミニLive」
【Low-Tec】
作曲担当の高安利明とパフォーマンス中心の開発好明のユニット
身近にある素材や音源をつかい、音を楽しむことを主軸にさまざまなアプローチから演奏する.