Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
本日6日武藤麻衣展最終日となります。
大雪だの、気がつけばそんなに寒くなかったり、天候がどうなること
やらわかりませんが、通常通り最終日は17時までオープンしております。
Img_e4931331fe11ea4137cf1b2929aa31cf
Img_51265ae2be67dac91759a3328983143f
矢野まり展『ことばはまなざし』の搬入も無事終了し、9日土曜日から
スタートいたします。

大きな切り絵がふわりと壁に浮かび、詩の樹木が揺らめき、
夢を閉じ込めたような絵画作品、古本に描き重ねられたドローイングブック。
矢野さんの優しい世界感に包まれにきてくださいね。

矢野まりさんのblog<水の椅子>⇒ (Click!) 


さて、同時開催の活字イベント『ことのはのふたば』(協力:OWANTO BOOKS)は
2/20-25の限定イベントとなりますが、OWANTO BOOKSさんの
粋な活字カード、素敵な豆本などは会期中ずっと展示販売しておりますので、
どうぞこちらもゆっくりご覧ください。
⇒イベントは中止となりました。

※『OWANTO BOOKS』は銅版画家でもある溝上幾久子さんが2011年4月に立ち上げた
絵本とzineのプライベート出版です。
活動内容や詳細はこちら⇒ (Click!) 



矢野まり展 同時開催としてDMにも記載しておりました
活字イベント『ことのはのふたば』(協力:OWANTO BOOKS)
は本展示期間ではイベント中止となりました。
※活版による印刷物の展示は会期中店内棚にて開催しております。

イベントを楽しみにしていた方、ごめんなさい!!

KAMAISHI LETTERPRESS + OWANTO BOOKS さんとして秋にも展示を予定
されているとのことで、活字イベント『ことのはのふたば』はそこまで
延期ということですので、会場内の活版による印刷物に興味をもたれた方は
OWANTO BOOKSさんのblogにてチェックしてみてくださいね。 (Click!) 
今回展示販売されているカードや、豆本なども充分に素敵なのですが、
よりレベルアップしたプロダクトや、版画家と詩人達によるコンピレーションブックの
展示などもお披露目されるようです。

この活版に関しては、別途会場内にOWANTO BOOKSさんからご紹介文を
いただいておりますので、展示と合わせてご覧ください。

おひねりプロジェクトの報告です。

武藤麻衣展『できれば進化して防護したい』
2013/1/9-2/6 木曜定休日を除く 会期25日間でおひねりいただいた総額は
13,475円となりました。

7,490円をDM印刷費として、
2,992円を会場暖房補助費の一部として、
2,993円を作家交通費の一部に当てさせていただくことにいたしました。

おひねりいただいた皆様、ありがとうございました。

-------------------------
ここ最近みた展示の中で一番衝撃だった、動揺した、
会田誠の展覧会で脳がピリピリする感じが快感で、この後にみたい
展覧会だと思った、嫌悪感を感じつつ否定できない、受け入れている自分がいる。
映像を見て、爆笑する人もいれば、怖い!という人がいたり、
本当に見る人様々な反応があった展覧会でした。

来場者の多くは、作品を欲しいとは思わないけど、気になる、
もう少し作品を知りたい、などなど。
こうゆうのって展覧会ってある意味すごくアートとしてできる事だと
思いつつ、経済的な効果はまったく生むわけではなく。

これまたどうやったら、こうゆう作家は作家活動を続けていけるだろうか。
などと考えてみたり。

おひねり以外にもなにかギャラリーとして出来る事を常に考え続けて
いきたいと思っております。
⇒追記 武藤麻衣さんに限っては、展示会期中会場内で集めていた爪を
提供してくれるという方々がおりまして、Hasu no hanaにて引き続き
爪を集めて武藤さんに”素材提供”していくことが決定いたしました。
これも1つの作家活動の支援なのかもしれないですね。ありがたいことです。
恒例化もしておりませんが、ポツポツとゆっくりとした歩みで続けている
『鵜の森手作り市』の第三回目の開催が決定いたしました。

3月16日土曜日(出展者の一部が店頭販売)〜店内販売は1週間ほど続きます。
作り手さんとワイワイがやがや。是非16日に遊びにきてくださいね。

今回の手作り市では、鵜の木界隈の作家他、
月二回のペースで谷中の空き地に手づくり市を開いている
『ペケ市』 (Click!) をお招きいたします。
ペケ市主宰のペケさんはぐいぐい引き込まれる魅力あるユニークなおじさまでございます。

ペケ市からはペケさん他、ユニークかつおしゃれなクラフト雑貨があつまりますよ。
詳細は随時UPしてゆきます。

そして、鵜の森手作り市ではあと1席だけ参加枠がございます。
参加してみたい、という方ご連絡くださいね。
3月16日 12ー19時 約60cm×90cm 2500円となります。
(机の上で販売となります。椅子は店内のものをご使用いただけます)
その他詳細はお問い合わせください。
hasucafe@sw.sub.jp





定休日木曜日に加え、今週は15日金曜日はお休みとなります。
2013年で13回目を迎える『Thank you @RTの日』(通称:39ART)。
毎年3月9日をアートの記念日として、今年も多くのアート施設で開催ですよ。
 (Click!) 

Hasu no hanaは今年もHasu no hana展覧会公募を行いますよ。
サンキューアートの日を含む3月3日~3月9日の間にポートフォリオを持ち込みorご郵送ください。
これぞ!という方は2014年3月9日を含む会期にてHasu no hanaにて企画展を
開催させていただきます。
公募展の応募費はかかりませんが、ポートフォリオの返却は着払い宅急便とさせて
いただきますので、あらかじめご了承ください。
Img_1085111479cb828780e01a232717f5bd
Img_5c5879ad77e15241eb971d5c72af249a
Img_4cee51d0e04bd067053db1c5a96a6e49
春が近づいたから、鵜の森の住人達もそろそろ冬眠から始動開始。
と、いうことで第三回目となる鵜の森手作り市です。

今回の手作り市では、鵜の木界隈の作家他、
月二回のペースで谷中の空き地に手づくり市を開いている
『ペケ市』 (Click!)  をお招きいたします。
ペケ市主宰のペケさんはぐいぐい引き込まれる魅力あるユニークなおじさまでございます。

ペケ市からはペケさん他、ユニークかつおしゃれなクラフト雑貨があつまりますよ。
●ペケ⇒革バッグ、ボタン、ビーズ
●cocoon⇒野菜の皮を素材とした雑貨、その他
●tera⇒時計
その他作家さんも参加しますよ。

その他鵜の森では定番?
●microm 高畠美月⇒プランツジュエリー、その他素材パーツなど
プランツジュエリーとは、本物の植物を使ったアクセサリーですよ。
●工房くらげ 清水直子⇒陶器(人気の豆皿)

と、本日は一部の紹介ですが、随時HPにUPしてゆきます。

3月16日土曜日(出展者の一部が店頭販売)〜店内販売は1週間ほど続きます。
作り手さんとワイワイがやがや。是非16日に遊びにきてくださいね。