Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_04e07b9a51dcd2355dea9cd584f62dd1
佐野陽一展『色価』
会期2013年4月6日(土)~4月30日(火)
最終日17時まで

「時々、カラープロセッサから出て来たプリントが「絵」に見えることがあります。
ほんの数分前に暗闇の中で、引伸し機から投影されるカラーネガの図像をこの目で
確認しているにも関わらず、どうしても絵の具を使って描き出されたイメージを
目の前にしているように感じる錯覚。
その遊戯に抗うことなく、むしろ進んで溺れながら、自分の写真の手がかりを
探したいように思います。」

ピンホールカメラの技法を用いた写真作品を90年代半ばより発表している
美術家・佐野陽一さんの展示を開催いたします。
さて。立地を活かしたイベントでございます。
●多摩川春の野草や自生野菜を食べる会⇒定員に達したため、受付終了しております。
3月30日土曜日
10時〜13時くらい
参加費 2000円
持ち物 確認中。

多摩川近くのオリンピック裏手に集まり、講師のもとに多摩川土手散歩を
して、春の自生野菜や食べれる野草を摘みますよ。
その後、Hasu no hanaに戻り、茹でたり、炒めたり(?)して
会食をいたします。
おにぎり、みそ汁などとシンプルに春を味わいますよ。

講師を務めるのは、海水から塩を作り、草の繊維で紐を編み、
川底を眺め、粘土質の土を見つけるナチュラリストAおじさんです。

と、いうことで興味ある方はどしどしご参加ください。
定員数は最大10名程度ですのでお早めに。
おひねりプロジェクトの報告です。

矢野まり展『ことばはまなざし』(同時開催KAMAISHI LETTERPRESS+OWANTO BOOKS)
2013/2/9-3/10 木曜定休日&15日休みを除く 会期25日間でおひねりいただいた総額は
25,346円+5ユーロとなりました。

9,950円をDM印刷費として、
4,703円をDM郵送&広報費の一部として、
3,000円を作家交通費の一部として、
7,703円を搬入搬出費&展示備品費の一部に
当てさせていただくことにいたしました。

おひねりいただいた皆様、ありがとうございました。
謎の5ユーロはイタリア帰りの男の子がきっと入れてくれたのでしょう!

矢野まりさんからもおひねりプロジェクトに参加してくれた方へメッセージがありますので
ご紹介させていただきます。

・・・・・・・・・・
おひねりプロジェクトにご参加いただいた皆様へ

画家の矢野まりです。
この度は、「おひねりプロジェクト」にご参加いただき
本当にありがとうございました。

Hasu no hana 主宰のこのプロジェクトに共感し、
初の試みにドキドキしつつ、実施させていただきました。
おひねりをいれていただくと好きな詩を選んで持ち帰ることができる、
という今回の仕組み。
ごく自然に参加してくださる方が多く、とても嬉しかったです。

「おひねりプロジェクトって何?」という質問に対しては
このページ( (Click!) 
をお読みいただければ幸いです。加えて、私なりの解釈をお伝えします。

それは展覧会に訪れてくださった方の、素直な評価であり、
作家もしくは美術界全体、あるいは開催ギャラリーへの応援の形でもあり
アート活動の存続を願う気持ちでもあり、
実際に次の活動へ繋がるリアルな経済的後押しでもあります。
もしくは、つい何となく「おひねり」を入れる、という新たな体験でもあり、
そのことについて考えるきっかけであるかもしれません。

「おひねり」には、統一された入場料よりももう少し能動的でやわらかな、
参加してくださる方の意思を感じます。

何かを「表現する」ということはアートに限らず
様々な費用が発生するということ。発生し続けていくこと。
制作側の問題だけではなく、ギャラリーなどの「場」が在り続けていくために。
そのことについて、参加してくださった方々と話す事が出来たのは貴重な体験であり、
引き続き考えて行きたいテーマです。

作り手も受け手も、同じく表現者。
生きて感じていることを伝え合える関係性でありたい、そう思います。


矢野まり
・・・・・・
Img_84ff2873158557a69a82d93ea0b7d80e
Img_4bb48b7352c2eba6f146e4334491ceb8
まもなく、鵜の森手作り市vol3+ゲリラペケ市です。
開催期間は3/16〜一週間程度。
16日は作家さんの多くが店頭に立ちますので是非遊びにきてくださいね。
その後は作品のみの取り扱いとなります。
12時〜19時

そして、鵜の森手作り市weekの間には、店の外にunomoriフラッグが掲げられます。
チラシを描いてくれたイラストレーターの鳥谷さんが作ってくれているのです。
みんなで作る手作り市。少しずつ成長しています。

さて、出展者追加情報です。
ゲリラペケ市からは
●家鴨窯(陶の動物)  (Click!) 
●grow (ハンドメイドユニット)  (Click!) 
●文袋  (Click!) 
●PEP(ビーズやその他を使用したアクセサリー) (Click!) 

そして鵜の森手作り市からは、猫おもちゃで出店してくれた
mint storeさんの登場です。今回は猫おもちゃ他に、猫モチーフのしおりなども
新作としてお披露目するようですよ。 (Click!) 

ではでは皆様、はりきって鵜の木にいらしてくださいね。
Hasu no hanaの後は?前は?ご近所に梅の見所があったり、
多摩川に出て春を感じるのもおすすめですね。

16日の飲食スペースは奥の席のみとなりますが、珈琲や焼き菓子、スコーン、
カレーなどの軽食もご用意いたしますよ。
⇒イベントメニューが決定しましたー。
●スコーン(乳製品を使用しない生地です)
●ローブラウニー(乳製品、小麦粉不使用です)
●ドライフルーツ、ナッツ、リンゴたっぷりのパウンドケーキ
●チーズケーキオレンジコンフィのせ
●ブラウニー(フランスヴァローナ社のチョコレートを使用した濃厚な味。
マーマーレードがはいってます)

●野菜のグリーンカレー(茄子、エリンギ、タケノコ、オクラが入っています!)

その他珈琲やビールなどもありますよ。


Img_5f46c26691ab96987e2e8205016e80b6
ペケさん
Img_f492a67ac2b766f206a59e787b126178
cocoonさん
Img_6490b8c9c2f7366a23afb1853f6147df
PEPさん
まず、休みのお知らせからです。

22日金曜日はお休みとなります。
木曜日が定休日ですので、21,22日と連休になりますので
お気を付けくださいませ。

そして、ご報告です。鵜の森手作り市vol3+ゲリラペケ市は
天候に恵まれ無事終了いたしました。
ペケさんが非常に解りやすいサクラになってみたり、、
わいわいとペケ市のお仲間はなんとも皆さん仲良しで、
仲良き事は美しき事、と店主和みました。ほわわ。

ひょいとリンク先を確認すると、皆様素早くレポートも書いて
おり、それじゃあそっちはまかせた!という魂胆です。

出店作家は当日のみ組と、引き続き取り扱い組とに分かれ、
規模を縮小してまだ続いております。
16日を逃してしまった方是非。
ちなみに、
終了●ペケ⇒革バッグ、ボタン、ビーズ
終了●cocoon⇒野菜の皮を素材とした雑貨、その他
終了●tera⇒時計
24日まで●家鴨窯⇒陶の動物  (Click!) 
2?日まで●grow (ハンドメイドユニット)⇒アクセサリー、リースect  (Click!) 
24日まで●文袋⇒浴衣、着物、手ぬぐいなどを使用した袋  (Click!) 
終了●PEP(ビーズやその他を使用したアクセサリー)
終了●microm 高畠美月⇒プランツジュエリー、その他素材パーツなど
24日まで●工房くらげ 清水直子⇒陶器(人気の豆皿) (Click!) 
24日まで●mint store⇒ 猫しおり、猫おもちゃ  (Click!) 
その他別の作家ものもちょっぴりありますよーー。

Img_bdf9530646e21846c1cfb5864b46c6f8
30日土曜日はイベントにつき、通常営業は14時〜となります。

4月4-5日は展示準備として、連休となります。
佐野陽一展は4月6日からですよ。
以前に展覧会をしていただいた写真家 中里和人さんより
面白そうで、怪しげなお知らせをいただきました。

ご興味あるかたおりましたらお気軽にお問い合わせください。
(※企画はHasu no hanaではございません。
中里さんのメールアドレスを載せるのもどうかと思い、
ご連絡いただいた方のみにお伝えしようと思っております。)


サイハテ学会 ハテ歩き&スライドトークショー Vol.1

会場:ヴァリエテ本6(東大前•文京区本郷6丁目25−14)
日時:4月13日(土)

15:45 会場集合、
16:00まち歩きスタート、
17:00スライドトークショー 
18:30終了予定。

要予約(中里まで連絡を入れてください) 参加費:1000円
17:00のスライドトークショーからの参加も可。(料金は同額)

日本各地にサイハテの景色を求め歩き、景色を愛で、
語る体験型学会イベントが開催されます。
昨年、越後の素堀トンネルの中で学会を立ち上げ、年末に学会準備の宴を開き、
いよいよ本格的な活動が開始されます。

立ち上げ発起人は、体験作家の中野純氏と私です。
今回は、会場になる東大前のギャラリー「ヴァリエテ本6」をスタートし、
参加者とサイハテ的まち歩きをした後、会場では中々(中野、中里)コンビの
サイハテ近況報告と、ギャラリーオーナー高橋氏を交えて、
文学とサイハテのスライドトークショーを開催します。

中里和人
Img_0ca01c78b4aef43b12aa4ad525f833a8
Img_f73cd11b5e621d15a40eaf504883e91c
Img_eb43c14095a779c9bbce0e8894be203f
多摩川春の野草と自生野菜を食べる会(仮称)第1回目を
3月30日に行いました。
詳細はblogにてレポートしておりますので、ご興味ある方、
参加して名前など復習したい方、こちらをごらんください。⇒ (Click!)