Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_a6fe0975475ee6fdf20cb5d9ddefd3c9
Img_9786621930509ad5aa608b288c755236
Img_c7d8ad65c03d91dce405f327d5016b34
Yu Cotton-well展
『 Catching Up 』
2013年12月7日(土)~27日(金)最終日17時まで
●12月7日 オープニングパーティー18:00〜20:00(ドリンクキャッシュオン制)

織物染色や刺繍などファイバー素材を取り入れて制作をしている
Yu Cotton wellの作品は一見美しく、可愛らしくも見えますが、
社会的、政治的、文化的なテーマを表現しています。
また制作の原点にはいつも様々な”home”が潜在します。

7年L.Aを制作拠点にしていた作家にとってまさにhomeである日本にて、
帰国後初の展覧会となる本展では新旧含む9点を発表いたします。

※会期は前半後半とわけ、小作品のみ入れ替えを予定しています。
3日日曜日は搬入の為お休みとなりますので、お間違えのないよう
お気を付けください。

4日からいよいよ三浦かおり展『記憶の果て』
がはじまります。
4日は三浦さん13時頃より在廊する予定ですので、
お休みですし、是非是非お越し下さいませ。

尚、Hasu no hanaでは珈琲が飲めるアートギャラリーとして
おり、ドリンク他手作りおやつなどもございます。
展覧会ご来場の際には、1オーダーお願いたします。

Img_badc5d943ed9f59e81fb974cad936b8c
Img_ecb6a29b7ff2e12222d89faccd0f7491
Img_c1674845a2422e1af5c1577108aa39aa
おひねりプロジェクトの報告です。

藤田道子展『Assist』
2013/10/5-30木曜定休日を除く会期23日間で
おひねりいただいた総額は12,277円となりました。

9,490円をDM印刷費として、
2,787円を搬入搬出費の一部に
当てさせていただくことにいたしました。

おひねりいただいた方ありがとうございました。

まだまだおひねりプロジェクトはマイナーな活動です。
Hasu no hanaでは売りやすい作品という枠にこだわらず、
インスタレーション作品を含めずっとずっとクオリティー高く、面白い
企画展を開催してゆきたいと思っています。

展覧会がよかったと思った際には、気持ちをおひねり
として評価していただければと願っております。
Img_77406c4bb567e9394fc495c1b8a8c23c
Img_2f5f1f647944e52b198db9a37f55ed3b
Img_3c9ea0fb364b9252c3c0f1edc41f8459
三浦かおり展が無事始まりました。

中之条ビエンナーレでは衣服を素材としダイナミックな作品が
記憶に新しい作家三浦かおりさんですが、本展『記憶の果て』では
もうひとつのシリーズ『古い文庫本』を使い、また別の魅力ある作品での
展覧会となります。

古い文庫本は様々な表現を取り、美しい造形を見せてくれております。
文字まみれ、文学まみれになりに来てくださいね。

アートとコーヒと文学とおやつ

なんとも相性がよい空間になっていますよ。
季節のおやつは、新作 栗とチョコレートタルトが登場です。
濃厚な甘さの熊本産栗の渋皮煮を
甘さ控えめカカオ感たっぷりの
チョコレートで閉じ込めています。
口の中でねっとり溶け合う美味しさを
珈琲のおともに是非ご賞味くださいね。

Img_334c6badf146b43d78ef7f29cd9f865a
10月藤田道子展『Assist』開催中に完成版が間に合わなかったのですが、
ようやく藤田道子ドローイングハンカチーフが出来上がりました。
¥2,380-送料込み(メール便普通にて発送)となります。
オーダーから10日程度でお届けを予定しております。
ご注文はメールもしくはshopping より受け付けております。
Img_c215bde8b7728daabfba9012c611b355
「アサガヤデンショ」給水塔と赤い屋根展
2013年11月30日(土)〜12月4日(水)

この秋、杉並区阿佐ヶ谷context-sで開催された「給水塔と赤い屋根展」
が大田区鵜の木「Hasu no hana」へ巡回することになりました。
この展示は、電子書籍『給水塔と赤い屋根~阿佐ヶ谷住宅のおはなし』
の発行を記念し企画されました。
阿佐ヶ谷住宅 の記憶や、この場所で生まれたご縁が紡いでできた展示です。
阿佐ヶ谷住宅をご存知の方もそうでない方も、ぜひご来場ください。
この場所の記憶は、みなさま の心の奥にあるどこかの風景ともつながるかもしれません。

------------------
阿佐ヶ谷住宅は、1958年に設立まもない日本住宅公団により分譲された団地です。
戦後、集合住宅に住むという新たなライフスタイルやコミュニティ研究 が、
さかんに行なわれていた時期に阿佐ヶ谷住宅は誕生しました。
2階建てのテラスハウス、3~4階建ての中層住宅が配置され、
住棟の間にはコモンスペース (共有の場所)がゆったりと計画されています。
建設から50数年という時間の経過は、コモンスペースを豊かに育み、
人々や植物、動物、いろんなものを包ん でいました。
2013年4月、建替え工事が始まり、多くの方に惜しまれながら、その歴史の幕を下ろしました。
****************
電 子書籍『給水塔と赤い屋根~阿佐ヶ谷住宅のおはなし』は、
建替工事が始ることがきっかけで、縁あって阿佐ヶ谷住宅で
集ったメンバーたちが、つくりはじめた ものです。
住んでいた人、たまたま散歩中に阿佐ヶ谷住宅を発見して一目惚れした人、
通勤ルートで毎日給水塔を見上げていた人など、
阿佐ヶ谷住宅との関わり 方はそれぞれでした。
電子書籍をつくりはじめた時は、どんなものになるのか誰一人として
想像していなかったと思います。
阿佐ヶ谷住宅を中心に、ひとりひと りの記憶が紡いだ物語。
本展示では、電子書籍には掲載しきれなかった写真をはじめ、
縁のある作家による作品やお菓子、給水塔の定点観測記録などが 並びます。
阿佐ヶ谷context-sでの展示で、来場者の方々のご協力のもと完成した
阿佐ヶ谷住宅での記憶を集めた「想層地図」も展示します。
この場所 で刻まれたさまざまな記憶の層は、
あなたの記憶の中の風景を呼び起こすかもしれません。


定休日の木曜日に加え、金曜日29日はお休みとなります。
三浦かおり展は水曜日27日までとなります。
展示最終日は通常17時までが多いのですが、今回『記憶の果て』は
19時までの営業となりますので、どうぞ最後の最後までいらしてください。
Img_91b014649a60fba83a06a06bae4a20dc
給水塔ポスター
Img_155bf11aa37e6d9839fb7c5aaf3ca1ae
石神照美さんの作品
Img_f0d70f1eb5de365561f6d6d4a835ab4d
万華鏡
いつもの展示は作家さんがいて、どうゆう作品だと案内しやすいのですが、
今回は色々と説明することが多くで、どう簡潔に話したらいいのかわからない
頭の悪いHasu no hanaオーナーは、みなさんに分かりやすく何を展示するのかを
お知らせしたいと思います。

展示の詳しい概要は別日の投稿を見てくださいね。

「アサガヤデンショ」給水塔と赤い屋根展
2013年11月30日(土)〜12月4日(水)

この秋、杉並区阿佐ヶ谷context-sで開催された「給水塔と赤い屋根展」
が大田区鵜の木「Hasu no hana」へ巡回することになりました。
この展示は、電子書籍『給水塔と赤い屋根~阿佐ヶ谷住宅のおはなし』
の発行を記念し企画されました。
阿佐ヶ谷住宅 の記憶や、この場所で生まれたご縁が紡いでできた展示です。
阿佐ヶ谷住宅をご存知の方もそうでない方も、ぜひご来場ください。
この場所の記憶は、みなさま の心の奥にあるどこかの風景ともつながるかもしれません。

【展示物】
・想層地図
(阿佐ヶ谷住宅での思い出や出来事をマッピングした記憶の地図。)
・写真
(アサデンメンバーたちがそれぞれ撮りためていた写真)
・サカモトチアキさん版画作品
・陶作家 石神照美さんの作品
(コンテクストで入り口に置いてあったジオラマのような陶の阿佐ヶ谷住宅です)
・『今日の給水塔』
小嶋さんが毎朝定点観測していた給水塔の写真。(プロジェクター)
・中央広場のパノラマ写真
Twitterでランニング中に阿佐ヶ谷住宅のネコや植物の写真をアップしている「ひらにぃ」さん(@hiranny )からお借りした写真。
・万華鏡コーナー(販売も)
・阿佐ヶ谷住宅掲載誌
元住人で、電子書籍の呼びかけ人である栂野美樹さん(オトノハの奥さんです)が、取材を受けられた掲載誌など。まだ住人がいた当時の雰囲気がわかるとおもいます。
・電子書籍「給水塔と赤い屋根」試し読み(iPad)

【販売物】
・清水直子さん赤い屋根ブローチ、ボタン、オーナメント
・寅印菓子屋さんお菓子
・給水塔ポスター
・てぬぐい
・キッズTシャツ
・ポストカードセット
・挿し木苗
三浦かおり展『記憶の果て』は27日を持って盛況の中
終了いたしました。ご来廊いただきありがとうございました。

29日金曜日はお休みとなります。

さて、今回は合間なく搬入が入り、本日無事アサガヤデンショ
『給水塔と赤い屋根』巡回展 搬入が終わり、30日土曜日
からスタートいたします。

この展示は、記憶の欠片の展示とでもいいましょうか。
その欠片たちはどこかノスタルジックで脳の奥底に
しまわれたまた別の記憶に一投するかもしれません。

巡回展といえど、写真の展示方法や前回阿佐ヶ谷context-sで完成した
みんなの思い出が詰まった『想層地図』のお披露目など、1度見た方でも
楽しめる内容になっています。

Hasu no hanaは喫茶を兼ねたギャラリーとなっておりますので、
ご来場の際には1orderお願いいたします。

展示を見ながら、珈琲や季節のおやつをお楽しみください。
現在は紅玉の焼きリンゴなどが登場しております。