Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_089d178c915361833b4d90c129df65a9
Img_6a11d6a4db61202a91bbd3cbdbe624be
Img_1630fd139ac8aed2aa9007506b9cac2a
伊佐治雄悟展『China Symdrome』は4月1日までと
なります。
最終日は17時までなので、お時間お気をつけくださいませ。

どうぞ、最後の最後のまでお楽しみください。
おひねりプロジェクトの報告です。

伊佐治 雄悟展『チャイナ・シンドローム/ China Syndrome』
2014/3/17-4/1 会期14日間で
おひねりいただいた総額は11,756円となりました。

11,656円をDM費の一部に、
100円を搬出時駐車場代に当てさせていただくことにいたしました。
おひねりいただいた皆様ありがとうございました。

プロジェクトを立ち上げ、興味を持っていただき幅広く支援を募るクラウドファンディングなどが
世の中活発になってきております。おひねりプロジェクトは
実際に展覧会を見てその支援をいただくという形ですが、
まだまだ理解を得るには難しいことだと感じております。

それでも応援・ご理解・ご支援いただいく方々が
いるのは本当に感謝の言葉につきません。

おひねりいただいか方々ありがとうございました。

こんにちは。Hasu no hanaのオーナーフクマカズエです。
いつも応援してくれている皆様に重大なお知らせがあります。

Hasu no hanaは珈琲が飲めるギャラリーです。
年間を通して、様々なジャンルでの展覧会を開催しています。
展覧会の多くはコンテンポラリーアートの企画展です。
喫茶があるという点でギャラリーの敷居を低くし、多くの人に
楽しんでもらうことを目標としております。
また、素晴らしい、面白いと思った作家達がなるべく活動を
長く続けていけるよう、応援するために、展覧会の多くは企画展という
形を取っております。

オープン当時、喫茶として考えた時に、利用しやすい価格帯で
設定をしておりましたが、2014年5月よりHasu no hanaは経営方針に沿った、
喫茶の価格改定やメニューを一部変更いたします。

一番大きく変わるのはドリンクの価格です。例えば珈琲は520円(内税)
から600円(外税)に改定いたします。
店内状況により長時間お席をご利用も可能ですが、その際は追加のオーダーを
お願いいたします。

鵜の木にてこの価格に値上げはよい結果をもたらすとは限りませんが、
現状のままを続けても店を続けていくには難しく、ならば可能性がある方に
進んでみようと思った次第です。

丁寧に自家焙煎した珈琲、広々とした空間、作家さんを含め他のお客様とも
コミュニケーションがとりやすい空間です。そういった意味では珈琲600円(外税)
は決して高くはないと思っておりますが、値上げに対し不安もあります。

そのかわり、おやつメニューは少し小さくし、今まで500円前後(内税)でしたが、
350円(外税)くらいから提供できるようにしようと思っています。

珈琲は今までと変わらず丁寧に焙煎したスペシャリティー珈琲を提供し、
より一層よい空間作りや、見応えのある展覧会企画に励んでいきたいと思っております。

なお、回数券(4枚2,000円+税)発行から有効期限2月 も導入予定で、
こちらのご利用をご検討いただければと思います。

また、展覧会ご来場の際には喫茶注文をお願いしておりますが、
学芸員、評論家、キュレーター、など美術関係者様には
ご招待という形をとりますので、お気軽に見にいらしてください。
Img_973c677fe8165e16328bfa2cf4ae1e77
Img_3119330af4db5a0fb1bd225f165b8845
Img_51ff172f87cc299cfd136592da19a629
ゆるーりゆるりとお知らせです。

鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

今回は小規模に開催いたしますが、是非遊びにきてください。

◉tocolier 池上線長原駅にある服と花のアトリエショップ”トコリエ”さん。
オリジナルの押し花を使った紙雑貨やその他。
 (Click!) 

◉清水直子(工房くらげ) 鵜の森手作り市ではおなじみの大田区の陶芸作家。
近年ではデパート進出により大活躍中。青い素敵な絵付け皿?を出品予定。
 (Click!) 

◉Atelier Garaco
アートファッション をコンセプトに、遊び心いっぱいの、いろんなカタチ、
いろんな柄の襟を作ってます。
AtelierGaracoの付け襟をお洋服にトッピング
その日の気分で、とっかえひっかえ私らしさを表現したい
そんな発想から生まれた生地の付け襟ジュエリーです。
ベビー・キッズ・大人まで楽しんでいただけます。

●ATELIER GARACO facebookページ 新作情報アップします。
http://www.facebook.com/AtelierGaraco

◉フナサキユミコ
靴工房に通いながら、革や布を使った小物製作始める。使っていく程に
味わいが出てゆくようなものづくりを目指している。
ポーチはバックを出品予定。

◉MINT STORE
MINT STOREは猫おもちゃにむやみに小動物の毛皮を使わない事を
ポリシーにしています。
猫たちが安全に、そして飼い主さんも安心して遊んで欲しいと思った、
手にも猫にもやさしい手作りおもちゃです。
 (Click!) 

------
food
自家焙煎珈琲、ホットジンジャー他・手作りおやつ・おにぎりなどご用意予定。
珈琲豆のご注文をいただいているS県のO様。
ご注文いただいてからメールを4つお送りいたしておりますが、
届いておりますでしょうか。

立原真理子展『とおくの庭』
作家在廊情報です。
立原さんは気さくに話してくれるので、
是非作品の話を伺いにきてみてくださいね!
12(土)14時頃~
13(日)12時〜
20(日)14時頃~
23(水)13時頃~


Img_8c7a5420ade994424c858a0c58584d51
岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」関連イベント
◉5月4日19時〜22時はスナック蓮を開催いたします。

「スナック蓮」とは展覧会期中に作家が夜のお勤めをする
Hasu no hanaの夜営業。キャッシュオンにて各種ドリンクあり。

◉舩橋陽 saxophone solo at スナック蓮
 1st stage/19:00 start
 2nd stage/20:00 start

※岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」の関連イベントとして
同日19時〜22時開催の「スナック蓮」内での演奏となります。

料金:投げ銭 ※要別途ドリンクオーダー

舩橋陽 / Yow Funahashi
1995年から主にサキソフォンによる演奏活動を開始。現在は即興演奏によるソロやセッション、自身が主宰するユニット・SHERPA、功陽樹などで活躍。一方、大橋可也&ダンサーズ、ポポル・ヴフ、ニブロールなど、コンテンポラリーダンスカンパニーへの楽曲提供や演奏参加、ファッションレーベル「NO CONTROL AIR」の展示会場の音楽なども手掛けている。2012年にRONDADEより「3AM」をリリース。また、音楽活動と並行して、音に関わる美術作品や写真も発表している。
blog[アメフラシ アマハラシ]  (Click!) 
 (Click!) 

*************
岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」
2014年5月3日-21日 最終日17時まで
※ご来場の際は喫茶オーダーお願いいたします。

岩谷雪子は作品に植物を用いる作家です。
植物から感じたものを出来るだけ損なわぬように、
ほんの少し手を加えるという制作スタイルは、自然を敬い、寄り添いを感じます。
植物が本来持っている優れた機能を活かし、新たな命を吹きかけられた彼らは、
身近であり同時に野生とは異なった美しさを放ちます。

本展ではカラスムギ、オオオナモミ、オギなど約10種類の多摩川の植物を
用いたインスタレーション・小作品の展示予定しております。
植物の新しい一面を是非ご高覧ください。
出店詳細情報をすべてUPいたしました。
 (Click!) 

鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

今回は小規模に開催いたしますが、是非遊びにきてください。
きっとギャラリーだけではないでしょうが、店をやっていくって本当に
大変で、その大変さは色んな種類があるのですが、
接客で悩まされる事もありますし、体力的に厳しかったりする時もあるし、
人が来ない時なんて、ほとんど死にたくなったりしますし、
やれ消費税、やれ大雪だの経済や天候にも左右されるし、
本当に始めることよりも続けることの難しさ、というのを痛感します。
それでもHasu no hanaという場所を持ってよかったなあ、、
としみじみ実感することも多いです。

まもなく始まる岩谷雪子さんの展覧会が開催できるようになったのも
ほとんど奇跡的な出来事なんです。本日はそんなエピソードをひとつ。

岩谷雪子さんの存在は作家の小川敦生さんが「きっと好きかもしれない」
と教えてくださり、さらに小川さんと共通の知り合いで、Hasu no hanaにも
足を運んでくれる舩橋陽さんからも良い、と聞いており、2013年Gallery Jin
での展覧会をずっとずっと楽しみにしておりました。
(ちなみに舩橋陽さんは今回の岩谷雪子展関連イベントの中でサキソフォンソロの
演奏を行ってくれることになっているのです。)

展覧会が始まり見に行くも、なんたる愛らしさ、凛とした姿、
知っているはずの植物達が近寄りがたい神々しさをまとい、
自然の美しさと、それに手を加え、また別の造形美を放ちひどく
感動したのを覚えております。

しかし、残念ながら岩谷さんは在廊はしておらず、また
HPなども持っていないようでした。さらにはポートフォリオに
書かれていた住所が高知県だったので、Hasu no hanaのように弱小の
ギャラリーではお呼びするのは相当にハードルが高いな、、と思いつつ、
いつしか呼べる様になった際にはお手紙を出そう、
と住所を書きとめギャラリーを後にしたのです。

それから作品が素晴らし過ぎたのでそれを皆様にも見ていただきたく、
勝手にtwitterで岩谷雪子キャンペーンを始め、とにかく絶賛infoをしたのです。


ある日の午後、Hasu no hanaに現れた1人の女性は展覧会を鑑賞し、
珈琲を飲み落ち着いたところで「岩谷雪子です」と名乗られたのです。
大好きな作家さんが目の前に現れるというのは予想もしなかったので
ひたすらびっくりしました。

どうも絶賛infoキャンペーンのかいあって(?)色々な方が
展覧会に足を運んだらしく、その中で岩谷さんが
Hasu no hanaを知り得たということだったのです。

場所がなければ、ただのアート好きの一鑑賞であったなら、尋ねてきてくれる
ところもなかったはずです。場所があることの強み、というのを実感した出来事
でした。

そして、岩谷さんとお話することができ、作品の方向性なども
伺う事ができました。また現在高知在住の岩谷さんは東京にくる
機会があるということで、なんとか展覧会開催の話を具体的に
することが可能となったのです。

Hasu no hanaがインスタレーションの展示を多く開催しており、
岩谷さんもインスタレーションをやりたいと思っていた事。

普段、展覧会の際にギャラリー近くで植物を採取する岩谷さんのスタイルに、
多摩川が近いというこの立地条件は魅力的だった事。

岩谷さんが東京にくる機会が度々ある事。

いつしか、呼べるような目処がたったら声をかけたいと思っていた作家さんで
あったのに、作品を見て僅かな月日でそれが叶えられることになったのは
とても恵まれていることだと思いました。

今まで遊牧民族みたいな暮らしをしていていた私は、特定の場所に
拘りや思い入れがあまりないのですが、場所がある、ということで広がる
事、出来る事の大きさは非常に強力な力を持っていると感じたのです。

今回も沢山の人に見ていただけたらと願っております。
鵜の木は聞き慣れない地で遠そうと思うかもしれません。
確かにこの町は住宅街でなかなか来る用事のないところかもしれません。

でも多摩川があります。これからの季節、土手は散歩に最適な気候に
なるでしょう。
そして、Hasu no hanaでは自家焙煎珈琲やてづくりおやつなども
ございます。
岩谷雪子展と、珈琲&おやつ、多摩川土手散歩で3つも来る理由が
あるじゃないですか。是非是非GWの休みを利用していらしてください。

多摩川と岩谷雪子展『カラスムギの憂鬱』と、
土手の植物の2つの息づかいを感じていただけたらと思います。

-----
岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」
2014年5月3日-21日 最終日17時まで
※ご来場の際は喫茶オーダーお願いいたします。

岩谷雪子は作品に植物を用いる作家です。
植物から感じたものを出来るだけ損なわぬように、
ほんの少し手を加えるという制作スタイルは、自然を敬い、寄り添いを感じます。
植物が本来持っている優れた機能を活かし、新たな命を吹きかけられた彼らは、
身近であり同時に野生とは異なった美しさを放ちます。

本展ではカラスムギ、オオオナモミ、オギなど約10種類の多摩川の植物を
用いたインスタレーション・小作品の展示予定しております。
植物の新しい一面を是非ご高覧ください。
-----
詳細情報はこちら (Click!) 




Img_b04fc90b1ac8754f335f346f5abd3c29
Img_8c3afb7c605c4be86be9c6c822dab8d7
Img_2c98cf0c2510502bc31309fdd51466d5
木曜定休日に加え、4月25日金曜日はお休みとなります。
4月26日,27日は鵜の森手作り市を開催いたします。
鵜の森手作り市vol5詳細はこちら⇒ (Click!) 

近場ではどうやらシェアハウスのオープンハウスがあるようです。
シェアハウスに興味あるかも是非合わせてお出かけくださいませ。
 (Click!) 
Img_8a981eabf5b834582ad14348e4524225
おひねりプロジェクトの報告です。

立原真理子展『とおくの庭』
2014/4/5-23木曜定休日を除く会期17日間で
おひねりいただいた総額は27,064円となりました。

12,100円をDM印刷費として、
3,464円を広告宣伝費の一部として、
4,000円を会場準備費の一部として、
7,500円を搬入搬出費、作家交通費に当てさせていただくことにいたしました。

今回もおひねりプロジェクトは参加型でした。
立原さんは、ご自身が作品でやっている同じ事を体験してもらいつつ、
「雪の庭」を皆で作っていくというものを提案してくれました。

この体験型では、言葉ではなかなか上手く伝わならない事など
同じ作業をやる事で、作品への理解が深まるきっかけになったり、
同時に展覧会を楽しむ1つになってくれたら、という思いがありました。

立原さんの網戸作品は、簡単にわかりやすくいうならば”刺繍”と表現
されるのですが、実際にはステッチなどは使ってはおりません。
網目に刺繍糸を”絡めて”いくことで面を作っていき、またその面が
裏表なくどちらからでも作品として鑑賞することができる
という点で刺繍糸を使っていてるのです。
このことが言葉で説明するより、見ていただき、参加していくことで
より納得できたのではないかな、と思うのですが、いかがだったでしょうか。

実際にはなかなか雪は積もらず、「雪の庭」は雪が降り始めのような
景色で会期を終了してしていましたが、完成することが
目的ではないので、これもまた1つ参加型の意味があったのではないかな、
と思っています。

また、針を通してみると、みなさんが楽しいと黙々と網目を埋めて
行く様子がなごやかでした。

中には「雪の庭」には参加せずに、展覧会への評価をしてくださる方も
沢山おりました。

おひねりいただいた皆様ありがとうございました。

立原真理子さんからのメッセージが届いておりますので、最後に
載せておきます。
---------------
体験型のおひねりプロジェクト「雪の庭」に雪を積もらせてくださった皆様、
どうもありがとうございました。

(制作途中ではありますが)作品や素材に触っていただいたり
様々な人に同じように制作を体験していただくことで
私自身もいろいろ気がつき学ぶことがありました。

日頃は、一人でもくもくと制作しているので
皆さんと作品についてなどお話しながら手を動かすのも、とても楽しかったです。

ここからさらに、じわじわと雪を積もらせて、
「雪の庭」を描いていきます。

完成しましたら、またお知らせしますので
とおく、雪の庭をお待ちいただけたらと思います。

また、おひねりしてくださった皆様、ご高覧くださった皆様
どうもありがとうございました。

皆様のお気持ちや感想などを励みに、これからも頑張ります。

立原真理子

Img_448c30bbec340444a2522638da4d6870
Img_36f63252e85ddcbaee9b5ae17349283d
Img_7cdc8c5f137d989b1b015ea9902896a9
いよいよ26日土曜日、27日日曜日で鵜の森手作り市
を開催いたします。
今回は近場の手仕事作家からお店での出店など鵜の木界隈の
文化祭的な感じで楽しい!
今回も陶器から布小物、ファッション、花小物、写真zinなど
バラエティ豊に女子力高くかわいいマーケットになっております。

大きなテーブルと棚を入り口側に持って来たので、いつになく
ショップ感がでており、小規模に開催と告知しましたが、
充分なボリュームとなりました。
1つ、1つ、とてもかわいい丁寧な仕事の手仕事雑貨。
是非お手に取ってみてくださいね。

店内奥では喫茶も営業いたします。
イベントメニューとして、各種ドリンク、焼き菓子、おにぎり
など。お腹も満たせますよー。

そして、鵜の木まで来たなら!新築のシェアハウスのオープンハウスが
26日、27日でおこなれているので是非見に行ってみてください。
採光や風通しが良さそうで、シンプルだけどちょっと気の利いたインテリアで
とても住みやすそうなよい感じのシェアハウスでした。
 (Click!) 

それから!27日はお近くのアトリエ木里さんでは天然酵母パンや
コンフィチュールなどの美味しいfoodマーケットを
行っているようです。
こちらもチェックしてみてくださいね。
 (Click!) 

ついでに!
鵜の森手作り市に出店もしてくれている大田区長原にあるtocolierさんですが、
実店舗では写真展を開催中とのこと。
ソラリゼーションやフォトグラムで遊んでみたという写真の
展覧会のようですよ。こちらも回れば楽しい大田区散歩になること
間違い無し!
 (Click!) 

---------
鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

◉tocolier 池上線長原駅にある服と花のアトリエショップ”トコリエ”さん。
オリジナルの押し花を使った紙雑貨やその他。

◉清水直子(工房くらげ) 鵜の森手作り市ではおなじみの大田区の陶芸作家。
近年ではデパート進出により大活躍中。青い素敵な絵付け皿?を出品予定。

◉Atelier Garaco
アートファッション をコンセプトに、遊び心いっぱいの、いろんなカタチ、
いろんな柄の襟を作ってます。
AtelierGaracoの付け襟をお洋服にトッピング
その日の気分で、とっかえひっかえ私らしさを表現したい
そんな発想から生まれた生地の付け襟ジュエリーです。
ベビー・キッズ・大人まで楽しんでいただけます。

◉フナサキユミコ
靴工房に通いながら、革や布を使った小物製作始める。使っていく程に
味わいが出てゆくようなものづくりを目指している。
ポーチはバックを出品予定。

◉MINT STORE
MINT STOREは猫おもちゃにむやみに小動物の毛皮を使わない事を
ポリシーにしています。
猫たちが安全に、そして飼い主さんも安心して遊んで欲しいと思った、
手にも猫にもやさしい手作りおもちゃです。


Img_47d77f9a09c271b1b27d3b5ee29d6d9c
photo ©MacotoMotomiya/通常バージョン
Img_104fe031ba8e965bcecb142c9065a440
photo ©MacotoMotomiya/和ハーブバージョン
Img_db9b308462e005d522ea7c83d20f3acc
photo ©MacotoMotomiya/和ハーブバージョン
2012-2013年に引き続き、2014年今年も中村美之さんが
アレンジメントをする母の日の花を予約受付開始いたします。

花の業界にずっといた中村美之さんですが、花を育てるのに農薬を沢山使ったり
すること、品種改良された花達は美しいけれど、それは行き過ぎではないか、
などずっと気にかかっていたようです。
その疑問や意識は、時代の中では早過ぎて、なかなか相手にしてもらなかったり、
オーガニックフラワーを扱っている花農家に出会えませんでした。
近年ようやくオーガニックフラワーや野の花(和ハーブ)を扱えるような環境が
整いつつあり、今回はそれらの花の紹介を兼ねたアレンジメントを
母の日特別価格としてご用意いたします。

と、いうことで2014年の母の日のアレンジメントは
◉オーガニックフラワー”芍薬”と他季節のお花の通常バージョン
◉白詰草・カラスノエンドウ他+”芍薬”とを合わせた和ハーブバージョン
の2種で展開をいたしますよ。

【通常バージョン】(オーガニック芍薬をメインに使用しています。)
花代:3500円
大きさ:高さ約20cm×直径約17cm
送料(クール宅急便):80サイズを予定しています。
クール便関東 +1188円〜
※送付先により送料は異なります。申し込み後に正式に送料をお調べ
してお知らせをいたします。
※通常バージョンとはオーガニック芍薬1本とその他季節の通常の花を
混ぜたアレンジとなります。

【和ハーブバージョン】
『野草料理』という身の回りにある野草で作れる料理本がついてきます!
花代:2800円
大きさ:高さ約20cm×直径約17cm
送料(クール宅急便):80サイズを予定しています。
クール便関東 +1188円〜
※送付先により送料は異なります。申し込み後に正式に送料をお調べ
してお知らせをいたします。
※和ハーブとして、白詰草・カラスノエンドウ、他、
オーガニックフラワーとして芍薬をアレンジしてあります。

尚、現在はまだ完全にオーガニックフラワーや野の花だけでアレンジメント
をするのは難しいですが、少しづつシフトしてゆきたいとのことですよ。

ご予約は下記をご記入の上、hasucafe@sw.sub.jpまでメールにて
お申し込みください。お問い合わせもお気軽に。
ご予約は5/7までとなります。

1 注文者名前
2 通常バージョン or 和ハーブバージョン
3 届け先のお名前
4 届け先のご住所
5 届け先の電話番号
Img_9680b3f7cd7a0a00c9e4dafff5054bf5
Img_562f79bb45291813ae2fc2e45668b12a
Img_a075ea5f3971d405ba29cba658d158b0
盛況のうちに鵜の森手作り市vol5を土日2日間終えました。
参加してくれた皆様、来ていただいた皆様ありがとうございました。

さて、28日,29日と店内は鵜の森手作り市後夜祭として、
このままゆるっとそのままのレイアウトにしておりますので、
見逃したという方、是非いらしてくださいね。まだまだ
沢山素敵な物沢山あります。

そしてお休みのお知らせです。
4月30日〜5月2日はお休みをいただきます。
岩谷雪子展『カラスムギの憂鬱』はいよいよ5月3日から
始まりますよ。 (Click!) 
大田区に住む若者が、自分の住んでいるところを考えてみればあまり
しなかった、ということろから始まったMARVELOUS
というフリーペーパー。大田区の店や商店街などの情報などを
取り上げていますが、総合的なカルチャーを発信したいという
思いがあるようです。そして、vol2にHasu no hanaもご紹介いただきました。

そして、のりで連載コラムを書く事になりましたので、
その内容をこちらでもupしようかと思います。

フリーペーパーは少し店内にて配布中。大田区にくまなく
配りたいという思いがあるようですが、あとどこで配っているのかな。。
-------------
連載コラム『多摩川芸術祭まであと○○○○日』

MARVELOUS読者のみなさんこんにちは。
Gallery and Cafe Hasu no hanaオーナーのフクマカズエです。
店の詳細は同ページで紹介していただいているので、
いきなり本題に入ろうかと思います。
実は私、このコラムを書いている2014年3月26日正式に
多摩川芸術祭のディレクターに就任いたしました。
多摩川芸術祭とは、多摩川線沿のギャラリーや空き町工場やスペース、
多摩川河川敷をエリアとしたアート芸術祭です。
大田区は特に大きな美術館もないし、ギャラリーも少ない区ではありますが、
さすがは東京、アーティストやクリエイターなど物作りをしている人が沢山住んでいるのです。
そして、我らが大田区には町工場が、多摩川があるのです。
その条件は、芸術祭を行うにあたり、充分な魅力を持ち合わせています。

さて、この多摩川芸術祭、開催日はまだ未定です。
「モー娘。」のように、「AKB」のように、アイドル育成的に
関心のある人を巻き込んで、土台を育てて、いつしか実現したいと思っているのです。
その進捗状況を報告し、仲間を募るためのコラムなのです。
開催実現までどうぞ、末永くおつきあいくださいませ。
いよいよ5月3日より岩谷雪子展はじまります。
岩谷さんの在廊日は
5月3,4,5,6,20,21となりますよ。

*************
岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」
2014年5月3日-21日 最終日17時まで
※ご来場の際は喫茶オーダーお願いいたします。

岩谷雪子は作品に植物を用いる作家です。
植物から感じたものを出来るだけ損なわぬように、
ほんの少し手を加えるという制作スタイルは、自然を敬い、寄り添いを感じます。
植物が本来持っている優れた機能を活かし、新たな命を吹きかけられた彼らは、
身近であり同時に野生とは異なった美しさを放ちます。

本展ではカラスムギ、オオオナモミ、オギなど約10種類の多摩川の植物を
用いたインスタレーション・小作品の展示予定しております。
植物の新しい一面を是非ご高覧ください。

*************
岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」関連イベント
◉5月4日19時〜22時はスナック蓮を開催いたします。

「スナック蓮」とは展覧会期中に作家が夜のお勤めをする
Hasu no hanaの夜営業。キャッシュオンにて各種ドリンクあり。

◉舩橋陽 saxophone solo at スナック蓮
 1st stage/19:00 start
 2nd stage/20:00 start

※岩谷雪子展「カラスムギの憂鬱」の関連イベントとして
同日19時〜22時開催の「スナック蓮」内での演奏となります。
※予約制ではありませんが、お席に限りがあるため、ご連絡いただいて
居る方よりお席の確保をしておきます。

料金:投げ銭 ※要別途ドリンクオーダー

舩橋陽 / Yow Funahashi
1995年から主にサキソフォンによる演奏活動を開始。現在は即興演奏によるソロやセッション、自身が主宰するユニット・SHERPA、功陽樹などで活躍。一方、大橋可也&ダンサーズ、ポポル・ヴフ、ニブロールなど、コンテンポラリーダンスカンパニーへの楽曲提供や演奏参加、ファッションレーベル「NO CONTROL AIR」の展示会場の音楽なども手掛けている。2012年にRONDADEより「3AM」をリリース。また、音楽活動と並行して、音に関わる美術作品や写真も発表している。
blog[アメフラシ アマハラシ]