Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_ba028879005cd975e48e6e998a11813f
Img_23caba1a44c64b8bc7f3114bde7a7da5
おひねりプロジェクトの報告です。
堀田千尋展『Clean the house by using dogs 』
2015年12月11日(金)〜12月20日(日)木曜定休日、他休みを除く会期9日間で
おひねりいただいた総額は11,493円となりました。

5,000円を搬出運送費に、
6,493円を展覧会運営費の一部に充てさせていただくことにいたしました。

先日、おひねりプロジェクトに対して、意見をいただきました。
おひねりがあることでコレクターが育たないのではないか。というものでした。
これに対して、私はそれはさほど妨げになってはいないと思っています。
またむしろ、おひねりをしてくれる人は、自分で作品や展覧会を積極的に批評している
人たちでもあり、厳しい目で作品を見て、我が物にしたい!!と思ったときには
購入に至っていると思っています。

所有欲と体験したことで満足を得るものはそもそも全然異なるものなのです。
欲しいものと見たいものは違うし、アート作品が買うか買わないかだけでは
ない方向を残しておきたいと思っています。

とはいえ、そのような意見があることも受け止め、ギャラリーとは、
アートとは、などなどますます考えてゆきたいと思っています。
Hasu no hanaはギャラリー勤務経験0から立ち上げた
コンテンポラリーアートのギャラリーです。
経験がないから、他のギャラリーを同じ事をするわけでもなく自分で、
色々な道を探ってゆきたいと思っています。





Img_de01860270c77faf4a7fdefb937dd79d
会場風景
Img_fb0eb12f04fffb5538d1f3e0a35c6e6f
Img_208570d88f0fca9661b13b79181235ff
今回の出品はありません 
10日から岩谷雪子展『越後妻有から』無事はじまりました!
展示総数は24作品プラスαとしてゲストが越後妻有からきております。

通常水曜日・金曜日はナイトギャラリー15時〜22時の夜
営業としてますが、1月2月は金曜日が休みになりますので
お気を付けくださいね!

素晴らしい作品になっておりますので、是非早くきてくださいねーー。
さらに詳しい展覧会HPはこちらから→ (Click!) 

岩谷雪子展『越後妻有から』
会期:2016年1日10(日)~2月6日(土)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00
水 15:00〜22:00 
定休日:木曜日、金曜日
入場料:300円 作品購入の場合は、入場料を返金いたします。
その他:併設カフェあり
会場:東京都大田区鵜の木1-11-7
東急多摩川線鵜の木駅より徒歩1分

「5ヶ月もの間、雪に埋もれる越後妻有。この地の人々に身近な植物を採集する。今回はさらに、その植物たちを食べ、運ぶ、動物や虫の力も時には借りて、植物たちが作品になる。」
制作ノートより

Img_1576043baf1c608992c22e4fbe929398
山本彌
Img_7209806083b27b703581971e128dff45
小方英理子
Img_0f57b3a4308171cef8b0db72a7da201d
平尾菜美
アーティストのブローチ展 
詳細⇒ (Click!) 

会期:2016年2月20日(土)~29日(月)
時間:月・火・土・日 12:00〜18:00  
   水・金  15:00~22:00 
休み:22日月、木曜日
その他:珈琲、おやつはテイクアウトあり

『作品の一部を身につける』をテーマにし、作品展覧会と、
ブローチの展示販売を開催いたします。

参加アーティスト

陶:小方英理子
「動物と人との関係」 や 「素材としての生物」をテーマに陶磁器による作品を制作。
Hasu no hahaでは5月に個展を予定しています。

絹:寺村サチコ
女性の持つキラキラとその裏 に潜むドロドロに魅力を感じ、それらを同時に感じさせる
ことのできるような立体造形物を制作。
ブランド名Quguriでアクセサリーの展開もしている。

鉄:長坂絵夢
鉄を扱い、素材の持つ本質を探る中で私たち(人)の生活の背景にあるあらゆる「循環」
をテーマに制作している。

鏡:平尾菜美
自己と他者や環境との境界など、 身体を取り巻く空間の在り方や目に見えぬものの
価値や存在を探る為、制作。近年は鏡を用いたシリーズを発表している。

フェルト:山本彌
植物、菌類などのもつ生命力に対する好奇心をエネルギーに繊維素材でオブジェ制作
している。2016年夏、横須賀美術館のグループ展に参加予定。
Img_b6d56782945a97d51111c6dbf78ea170
Img_ffbeb46b113d028f5207385e9822664d
Img_8767cde48650e8dea3ebce242add0c08
SUGIZAKI Ryokoの新聞紙恐竜作品及び、制作風景が
紹介されます。
---------------
1/25 月曜日
9:30〜
日テレ スッキリ
高橋真麻のあさ芸
---------------

作品に関する問合せは
hasucafe@sw.sub.jp へ
また、購入に関するお問い合わせは
取扱作家ページにて作品をup
しておりますのでご確認ください。→ (Click!) 
Img_283d4803f8810cd5f6b9b676e5e623a6
Img_63f9ee97aeea924c473bce3e97ff7876
DMがまもなくできますよ!

『作品の一部を身につける』をテーマにし
作品展覧会と、ブローチの展示販売を開催いたします。

会期:2016年2月19日(金)~28日(日)
時間:月・火・土・日 12:00〜18:00  
   水・金  15:00~22:00 
休み:木曜日
その他:珈琲、おやつはテイクアウトあり
詳細はこちら⇒ (Click!) 

参加アーティスト

陶:小方英理子
「動物と人との関係」 や 「素材としての生物」をテーマに陶磁器による作品を制作。
Hasu no hahaでは5月に個展を予定しています。

絹:寺村サチコ
女性の持つキラキラとその裏 に潜むドロドロに魅力を感じ、それらを同時に感じさせる
ことのできるような立体造形物を制作。
ブランド名Quguriでアクセサリーの展開もしている。

鉄:長坂絵夢
鉄を扱い、素材の持つ本質を探る中で私たち(人)の生活の背景にあるあらゆる「循環」
をテーマに制作している。

鏡:平尾菜美
自己と他者や環境との境界など、 身体を取り巻く空間の在り方や目に見えぬものの
価値や存在を探る為、制作。近年は鏡を用いたシリーズを発表している。

フェルト:山本彌
植物、菌類などのもつ生命力に対する好奇心をエネルギーに繊維素材でオブジェ制作
している。2016年夏、横須賀美術館のグループ展に参加予定。