Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_448c30bbec340444a2522638da4d6870
Img_36f63252e85ddcbaee9b5ae17349283d
Img_7cdc8c5f137d989b1b015ea9902896a9
いよいよ26日土曜日、27日日曜日で鵜の森手作り市
を開催いたします。
今回は近場の手仕事作家からお店での出店など鵜の木界隈の
文化祭的な感じで楽しい!
今回も陶器から布小物、ファッション、花小物、写真zinなど
バラエティ豊に女子力高くかわいいマーケットになっております。

大きなテーブルと棚を入り口側に持って来たので、いつになく
ショップ感がでており、小規模に開催と告知しましたが、
充分なボリュームとなりました。
1つ、1つ、とてもかわいい丁寧な仕事の手仕事雑貨。
是非お手に取ってみてくださいね。

店内奥では喫茶も営業いたします。
イベントメニューとして、各種ドリンク、焼き菓子、おにぎり
など。お腹も満たせますよー。

そして、鵜の木まで来たなら!新築のシェアハウスのオープンハウスが
26日、27日でおこなれているので是非見に行ってみてください。
採光や風通しが良さそうで、シンプルだけどちょっと気の利いたインテリアで
とても住みやすそうなよい感じのシェアハウスでした。
 (Click!) 

それから!27日はお近くのアトリエ木里さんでは天然酵母パンや
コンフィチュールなどの美味しいfoodマーケットを
行っているようです。
こちらもチェックしてみてくださいね。
 (Click!) 

ついでに!
鵜の森手作り市に出店もしてくれている大田区長原にあるtocolierさんですが、
実店舗では写真展を開催中とのこと。
ソラリゼーションやフォトグラムで遊んでみたという写真の
展覧会のようですよ。こちらも回れば楽しい大田区散歩になること
間違い無し!
 (Click!) 

---------
鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

◉tocolier 池上線長原駅にある服と花のアトリエショップ”トコリエ”さん。
オリジナルの押し花を使った紙雑貨やその他。

◉清水直子(工房くらげ) 鵜の森手作り市ではおなじみの大田区の陶芸作家。
近年ではデパート進出により大活躍中。青い素敵な絵付け皿?を出品予定。

◉Atelier Garaco
アートファッション をコンセプトに、遊び心いっぱいの、いろんなカタチ、
いろんな柄の襟を作ってます。
AtelierGaracoの付け襟をお洋服にトッピング
その日の気分で、とっかえひっかえ私らしさを表現したい
そんな発想から生まれた生地の付け襟ジュエリーです。
ベビー・キッズ・大人まで楽しんでいただけます。

◉フナサキユミコ
靴工房に通いながら、革や布を使った小物製作始める。使っていく程に
味わいが出てゆくようなものづくりを目指している。
ポーチはバックを出品予定。

◉MINT STORE
MINT STOREは猫おもちゃにむやみに小動物の毛皮を使わない事を
ポリシーにしています。
猫たちが安全に、そして飼い主さんも安心して遊んで欲しいと思った、
手にも猫にもやさしい手作りおもちゃです。


出店詳細情報をすべてUPいたしました。
 (Click!) 

鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

今回は小規模に開催いたしますが、是非遊びにきてください。
Img_973c677fe8165e16328bfa2cf4ae1e77
Img_3119330af4db5a0fb1bd225f165b8845
Img_51ff172f87cc299cfd136592da19a629
ゆるーりゆるりとお知らせです。

鵜の森手作り市vol5
4月26日,27日
146-0091 大田区鵜の木1-11-7 Hasu no hana
12:00-19:00

いつもはコンテンポラリーアートの展覧会が多いHasu no hanaですが、
鵜の森手作り市は地元の方にももっと楽しんでいただけるように、
また地元の手仕事をしている方、ゆかりのある方と作っていきたいマーケットです。

今回は小規模に開催いたしますが、是非遊びにきてください。

◉tocolier 池上線長原駅にある服と花のアトリエショップ”トコリエ”さん。
オリジナルの押し花を使った紙雑貨やその他。
 (Click!) 

◉清水直子(工房くらげ) 鵜の森手作り市ではおなじみの大田区の陶芸作家。
近年ではデパート進出により大活躍中。青い素敵な絵付け皿?を出品予定。
 (Click!) 

◉Atelier Garaco
アートファッション をコンセプトに、遊び心いっぱいの、いろんなカタチ、
いろんな柄の襟を作ってます。
AtelierGaracoの付け襟をお洋服にトッピング
その日の気分で、とっかえひっかえ私らしさを表現したい
そんな発想から生まれた生地の付け襟ジュエリーです。
ベビー・キッズ・大人まで楽しんでいただけます。

●ATELIER GARACO facebookページ 新作情報アップします。
http://www.facebook.com/AtelierGaraco

◉フナサキユミコ
靴工房に通いながら、革や布を使った小物製作始める。使っていく程に
味わいが出てゆくようなものづくりを目指している。
ポーチはバックを出品予定。

◉MINT STORE
MINT STOREは猫おもちゃにむやみに小動物の毛皮を使わない事を
ポリシーにしています。
猫たちが安全に、そして飼い主さんも安心して遊んで欲しいと思った、
手にも猫にもやさしい手作りおもちゃです。
 (Click!) 

------
food
自家焙煎珈琲、ホットジンジャー他・手作りおやつ・おにぎりなどご用意予定。
Img_e39b831a445da2552b959d47ed8602d2
Img_141fc09bd261d91357cb2a343433e42b
Img_d4199a40d1ce6a83506db452f7374fd9
カレーキャラバン編です。
野草摘み編はこちら⇒ (Click!) 

カレーキャラバンは「カレーをつくることは、まちを知ることである」を掲げ、
いろんなまちへ出かけ、その場で調達した食材と、その場に居合わせた人々の
知恵をませあわせカレーを作る木村 亜維子さん、加藤 文俊さん、木村 健世さん
3人によるプロジェクトです。

現地で調達する野菜を多摩川で摘み摘みした野草でできないかと
思い、今回お話を持ちかけたところ快諾してくれ実現したカレーキャラバン
in Hasu no hana "うのきカレー”
野草に合うように、大量のタマネギとアサリでベースを作ることに決めたようです。

野草摘みとのコラボで、まずは朝に野草摘みイベントに
カレーキャラバン御一行も参列し、食材となる野草を摘み摘み。
ただ、なんとなく歩いている土手もナチュラリストA講師の元など、
ほとんど畠にみえるくらい食べれる野草って多いのです。

約1時間30分ほど野草摘みを楽しみ、店内に戻りカレーキャラバンスタート。
野草摘みに参加してくれた人の一部が残り、カレーキャラバン情報を
知り駆けつけてくれた人々みんなであれやこれや、
野草をカットしたり、アサリの殻外したり、アーモンドを潰したり、
味見をしたり、スパイスを足したり、、、。
始終鍋を大勢でかこみ店内には良いかおりが立ちこめました。

会食予定の16時近くなるとご近所さん達も「まだーー?」と匂いに
誘われ、店内は人・人・人。

盛りつけには、多摩川土手をイメージしたとのことで、
春らしいご当地カレーが出来ました。

その昔多摩川下流の海水が混じっているところではアサリやしじみが
とれたそうです。それを知ってか知らずか、野草とアサリはまさに
多摩川カレーだったわけですね。

そして、奇しくも開催した3月15日はカレーキャラバン2周年に
ほど近い日でした。(2012年3月17日が創立日!)
その記念すべき日の鍋を囲む事ができたのは参加されたみなさんに
とっても嬉しいことだったのはないかしら。
記念日ってなんか嬉しいですよね。

カレーを作ることで人がつながり、匂いに誘われ輪が広がり
カレーキャラバンの活動は地域やコミュニケーションの潤滑剤なのですね。

カレーキャラバンのみなさん、参加してくれたみさなん、
ありがとうございました。

カレーキャラバンを食べ逃した!というかた、次回は高尾に出没
予定らしいですよ。是非こちらでチェックしてくださいね。
 (Click!) 








春の好評イベント”多摩川春の野草と自生野菜を食べる会”ですが、
追加でおさらいウォーキング『多摩川春の野草の会』を開催いたします。
前回参加したかったけど日程が合わなかった方など、まだまだ春は
やってきたばかり。もう1回開催しちゃいます。
※希望者が5名以下の場合、雨の場合は中止となります。

ご予約、お問い合わせはこちらまで
hasucafe@sw.sub.jp

3月23日 日曜日
参加料:¥1,000-
9:45 鵜の木駅集合
10:00〜多摩川土手にて野草観察&摘み摘み。
〜11:30まで1時間30分程度で現地解散いたします。
その後時間許す限り土手をお楽しみください。

イベントではHasu no hana店内に戻り試食会をしましたが、
おさらいウォーキングでは試食会は行いません。

15日のレポートはこちら⇒
 (Click!) 
ヤブカンゾウ、クコなどが取り頃になっていると思います。
Img_137b2ca26b975ea12debbbfd5ca301f0
ヤブカンゾウ
Img_608d1b4c18c379fbf972bd944c51cf04
カラスノエンドウ
Img_66e4607c51589771b70ab0e4de914970
カラシナ
まずは、山菜摘みの事から。

昨年に引き続き本年度も鵜の木という多摩川近くの立地を
活かした春の季節イベント『多摩川春の野草と自生野菜を食べる会』
を開催いたしました。講師はもちろんナチュラリストA氏です。

時期は昨年より2週間早く、数日前に確認で土手にいった時は
まだまだ早かったかな、という感じでしたが、春は一歩一歩ぐんぐん
近づいており予想よりだいぶ育っていました。
これからが山菜は旬を迎えると思いますが、一足先に本日収穫できた山菜
を紹介したいと思います。

●ヤブカンゾウ
まだちょっと早かったのですが、若いうち、葉が柔らかいうちが
美味しいらしいです。かわいい形をしていました。
育っていくに従いつぼみ、花も食べれるとの話でした。
出世山菜ですね。名前は変わらないけど。

●カラスノエンドウ
あ、よくみるみる!という鞘をつけるただのおしゃれな
雑草かと思っていたものもしっかりと食べれるようです。

●カラシナ
収穫された跡がありあんまりとれませんでしたがカラシナが発見されました。
カラシナは山菜というよりは自生野菜ですが、ある一帯で沢山あったらしいのです。
それが数年前に大水になった際、その地帯が砂漠みたくなりいまでは見当たらなくなった
そうです。
そうやってなくなったところもあれば、新しく種が流れ着き、
育つ場合がある。自然の成り立ちを改めて感じます。

●クコ
昨年も美味しい野草ベスト3くらいに入ったクコ。今年も
たんまりと群生地を発見。
下流の方がかなり若い葉が出て来ているようでした。

●ハマダイコン
花がぽつぽつと咲き始め、でも多くはつぼみのままで、
茎は柔らかく取り頃でした。あと一週間くらいになると
もっと旬を迎えるような気がしました。
菜花のような、ほんのり大根のような味もして美味しいです。

●ノビル
ナチュラリストA氏が急に斜面に降り立ちノビルを発見。
土が柔らかいところが取りやすいとのことでした。

●キクラゲ
胡桃の樹が横たわり、その一部にキクラゲが発生。

●キクイモ
もう芽が出始めていますが、たべれないこともありませんでした。
11月頃とかの方が取り頃らしいです。
スコップとかないと掘りおこせないかもしれません。
味はシャキシャキと癖もあまりありません。天然のインシュリンと
言われているらしい。


昨年人気no1だったヨメナはまだ葉が立ち上がっておらず今回は
収穫できませんでしたが、それでも8種類もの山菜を収穫出来ました。
ただの土手の景色が山菜を知ると野菜畑に見えてきます。うーーん、
自然て素晴らしい。





※15日の野草摘みは既に予約締め切っております。

ご予約していただいた方々へはそれぞれメールにてお送り
しておりますが、念のためこちらでも当日詳細をお知らせいたします。

---------------------------

以下、当日の詳細です。

9:45に鵜の木駅(多摩川方面)改札出口にて集合

◉持ち物
野草をいれるビニール袋(種類別などにしたかったら複数枚)
※素手が気になるようであれば軍手、手袋のようなもの

◉服装
少し草むら的なところに入る可能性があるためズボンの方がベスト
運動靴(前日が雨の場合はぬかるみがある場合があるため、天候次第で
濡れも大丈夫な靴)

◉参加費 
1,800円は当日お持ちください。

当日雨天は中止となりますが、小雨などの場合はお問い合わせください。
hasucafe@sw.sub.jp
HPやtwitter @hasucafe ( (Click!) )などでもお知らせいたします。

雨で野草の会が中止になっても、カレーキャラバンの12時からの
イベントは決行いたします。

イベントの詳細については下記URLをご参照ください。
 (Click!) 

野草摘みのみの参加は13時まで、その後お時間ありましたらカレーキャラバンも
引き続きご参加くださいね。

ではでは当日お会い出来ることを楽しみにしております。
Img_30af284497dc40f0c55c91e98632e98a
今年も多摩川で野草を摘み摘みしたいと考えておりますが、
縁あってカレーキャラバンをHasu no hanaにお呼びする
事になりました。

カレーキャラバンは「カレーをつくることは、まちを知ることである」を掲げ、
いろんなまちへ出かけ、その場で調達した食材と、その場に居合わせた人々の
知恵をませあわせカレーを作る木村 亜維子さん、加藤 文俊さん、木村 健世さん
3人によるプロジェクトです。
 (Click!) 
 (Click!) 

現地で調達する野菜を多摩川で摘み摘みした野草でできないかと
思い、今回お話を持ちかけたところ快諾してくれました。
2年目の記念日に近い3/15に鵜の木にもついに上陸してくれますよ!

2014年3月15日
◉10時-13時 【予約締め切りました】野草摘み&野草試食(おにぎり&お茶付き)¥1,800-
hasucafe@sw.sub.jp
昨年のレポート
 (Click!) 

鵜の木から徒歩10分程で出る多摩川をうろうろし、
ナチュラリストA氏を講師に迎え、次々と芽吹く春の恵みである
野草を教えていただきます。
カレーキャラバンは、現地で野菜を買う様に、野草を摘んで食材調達!

約2時間ほど摘み摘みしたらHasu no hanaに戻り、
簡単な野草試食会をしますよ。

◉13時〜カレーキャラバンによる鵜の木カレー?野草カレー?
調理スタート。

みなさん手伝いにきたり、口を出しにきたり遊びにきてくださいね!

◉16時〜会食予定!
なくなり次第終了ですから早めにどうぞ。
終了してしまってもお店は19時まで営業しています。
カレー終了後は店内で通常のおやつなどはご注文いただけます。

------------

そして、重大発表。
な、なんとカレーキャラバンによるカレーは無料!なんです。。
出血大サービスの赤字モデル(爆)
※飲み物はHasu no hanaでご注文くださいませ。
こちらは有料です。

◉その他
ひだまりブックス 出店決定!
3/15はオープン時にひだまりブックスさんが店を
あけてくれます。
カレー手伝ったり、店内に出現する本屋さんで物色したり、
楽しい一日がすごせまよ。

「ひだまりブックス」 (Click!) 
大田区蒲田付近でときどき出現する野外書店です。(いつかは固定場所で開店を…夢ふくらんでいます)コンクリートジャングルな大田区で自然との接点を本から提供したい、という思いで始めました。
販売書籍のジャンルは、現在は自然食や健康、暮らしの本など“ナチュラルライフ入門”といった感じです。今後は本来の目的である「自然」への理解が深まるような、樹木や森林に関する本を販売して行きたいと考えています。


と、いうことで3月15日はみなさん予定を開けておいてくださいねーー。わーーー。
昨年好評だった『多摩川春の野草と自生野菜を食べる会』
 (Click!) 
今年はさらに楽しさバージョンアップし、カレーキャラバン
 (Click!) 
をお呼びします。
カレーキャラバンとは日本中、世界中いろんなまちへ出かけ、
その場所で調達した食材と、その場所に居合わせた人々の知恵をまぜあわせ、
カレーをつくります。

多摩川で皆で野草を摘み、そしてカレーを作って食べる、
というイベントです。

今年は3月15日土曜日を予定しておりますが、詳細が
決まり次第infoいたします。
午前あたりから摘み摘みし、午後から作って食べる、という
感じになると思います。

参加希望の方は予定を開けておいてくださいね。
Img_9bda85fc6afee4639b88e386e4ed039f
Img_6085ae60217fd116adf4c12e192d6e8f
12月28日開催
●所要時間約2時間
13時〜の回
15時〜の回
17時〜の回
●定員10名
●¥2,200-(珈琲、おやつ付き)
●講師 高畠美月/プランツジュエリーmicrom
●その他
よごれてもいい服装でいらしてください。
※しめった藁を膝ではさんでおさえる作業があります。

ご予約お問い合わせは
⇒hasucafe@sw.sub.jp

当日お席に余裕があるときは飛び込み参加OKです。
ただし確実にできますよ、とお約束はできませんので、
参加をご希望の方はご予約をおすすめいたします。
-------------------
クリスマスが終わってからバタバタとお正月の準備を
する人も多いかと思いますが、なにせ日本文化の神髄は
お正月にあります。

年を取ったせいか、お正月のお飾りとかおせちとかとても
素敵に思える今日この頃。
今年は慎ましく、丁寧にお正月を迎える準備の1つとして、
小さく愛らしいシンプルなお飾りを手作りするのはいかがでしょうか。

Hasu no hanaではワークショップ講師としてプランツジュエリーmicrom
 (Click!) 
の高畠美月さんをお迎えして、藁をあみあみするところから
行います。小さなものなので、難しくなく初心者でも大丈夫。
お米や赤い実などをつければもう立派なお正月飾り。

飾り付けはもう少しバリエーションを加えられる予定ですが、
土台としてこんな感じに作りますよ、というサンプルですよ。