Hasu no hana
Text Size :  A A A
| News | Hasu no hana | 取扱作家 | Contact | twitter おひねりプロジェクト | access | about... |
Img_8f5ff0b41373e240263acc26643ece24
Img_014b79d49e0dc6751239d20b5a04fce7
Img_6c0455f1c306cce3a8331fde35e32c35
※このHPは今年で閉鎖し、新しいHP一本にします。
登録されている方などはどうぞwww.hasunohana.netに
ご変更をお願いいたします。

小方英理子展
『Crossed fingers』 (Click!) 
会期:2016年5日21日(土)~ 6月3日(金)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00
   水・金     15:00〜22:00 
定休日:木曜日
入場料:400円


今年2月に開催をした『アーティストのブローチ展』に参加した小方英理子の、当ギャラリーでは初めての個展を開催いたします。

小方英理子は『記憶をとどめる方法』、『素材と生き物の境界線』を掘り下げ、黒泥土や磁器によるタイル作品や、人物をモチーフにした立体作品を制作している作家です。
武蔵野美術大学でテキスタイルコースを卒業後、ニューヨークに渡り陶芸を学んだ小方は、人体解剖図から夢想したシリーズ、人と家畜の歴史などをテーマに馬、羊、山羊、ロバなどの動物を制作してきました。現在の作品は髭の紳士が特徴的にも思えますが、実は人物を作るようになったのは日本に帰ってきてからだと言います。

おとぎの国のような実在する話しや、自身の記憶や経験から紡ぎ出されるイメージ1つ1つをまるで糸のように束ね、大切に編み上げる造形は、時代の流れにはとわられない強さがあり、わたしたちに様々なストーリーを想像させ独自の世界へといざないます。

大切な誰かを守る為に、受け継がれ進化した編み模様。
幼い頃から繰り返してきた、おまじないのような決まり事。
誰もが持つ、祈りのような気持ちをテーマに、本展では作家にとってしばらくぶりに挑んだ大きな立体作品の発表をいたします。
Img_4193602173d775dcb599b2450370c1f2
Img_1790b0b7853658d6820b6e987447fe38
回顧展
望月計男とどうぶつたち
開催決定いたしました。
詳細はこちら⇒ (Click!) 
Img_b4980aa4e3841304a0a2ad96f4081f8d
Img_be919fd11ee8caf57023db4dbc9b1ca8
©山本彌
Img_630df4caac656a1ddcb227da8b76bb90
標本のようなキノコや植物ブローチ そのまま飾れます!
いよいよ19日15時〜
アーティストのブローチ展はじまります。

陶・鉄・絹・フェルト・鏡
と5つの素材に、それぞれのアーティストのコンセプトが
閉じ込められた作品の欠片を身につけるブローチ。
使わないときも、それは作品として充分に鑑賞の対象に
なります。
ただの形や可愛さだけではなく、それは新しい視点に気がつかせて
くれるヒントにもなる。
スペース的には8割展覧会で、2割がブローチの販売ブースとなります。

驚きや感動があったらその気持ちを側においてじっくりと
熟成させてみてください。
アートってよく分からないし、って方にもブローチという身につけられるものを
きっかけからでも身近に感じていただけたらと思います。

展覧会詳細はこちら
 (Click!) 
Img_1576043baf1c608992c22e4fbe929398
山本彌
Img_7209806083b27b703581971e128dff45
小方英理子
Img_0f57b3a4308171cef8b0db72a7da201d
平尾菜美
アーティストのブローチ展 
詳細⇒ (Click!) 

会期:2016年2月20日(土)~29日(月)
時間:月・火・土・日 12:00〜18:00  
   水・金  15:00~22:00 
休み:22日月、木曜日
その他:珈琲、おやつはテイクアウトあり

『作品の一部を身につける』をテーマにし、作品展覧会と、
ブローチの展示販売を開催いたします。

参加アーティスト

陶:小方英理子
「動物と人との関係」 や 「素材としての生物」をテーマに陶磁器による作品を制作。
Hasu no hahaでは5月に個展を予定しています。

絹:寺村サチコ
女性の持つキラキラとその裏 に潜むドロドロに魅力を感じ、それらを同時に感じさせる
ことのできるような立体造形物を制作。
ブランド名Quguriでアクセサリーの展開もしている。

鉄:長坂絵夢
鉄を扱い、素材の持つ本質を探る中で私たち(人)の生活の背景にあるあらゆる「循環」
をテーマに制作している。

鏡:平尾菜美
自己と他者や環境との境界など、 身体を取り巻く空間の在り方や目に見えぬものの
価値や存在を探る為、制作。近年は鏡を用いたシリーズを発表している。

フェルト:山本彌
植物、菌類などのもつ生命力に対する好奇心をエネルギーに繊維素材でオブジェ制作
している。2016年夏、横須賀美術館のグループ展に参加予定。
Img_de01860270c77faf4a7fdefb937dd79d
会場風景
Img_fb0eb12f04fffb5538d1f3e0a35c6e6f
Img_208570d88f0fca9661b13b79181235ff
今回の出品はありません 
10日から岩谷雪子展『越後妻有から』無事はじまりました!
展示総数は24作品プラスαとしてゲストが越後妻有からきております。

通常水曜日・金曜日はナイトギャラリー15時〜22時の夜
営業としてますが、1月2月は金曜日が休みになりますので
お気を付けくださいね!

素晴らしい作品になっておりますので、是非早くきてくださいねーー。
さらに詳しい展覧会HPはこちらから→ (Click!) 

岩谷雪子展『越後妻有から』
会期:2016年1日10(日)~2月6日(土)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00
水 15:00〜22:00 
定休日:木曜日、金曜日
入場料:300円 作品購入の場合は、入場料を返金いたします。
その他:併設カフェあり
会場:東京都大田区鵜の木1-11-7
東急多摩川線鵜の木駅より徒歩1分

「5ヶ月もの間、雪に埋もれる越後妻有。この地の人々に身近な植物を採集する。今回はさらに、その植物たちを食べ、運ぶ、動物や虫の力も時には借りて、植物たちが作品になる。」
制作ノートより

Img_482ef0d6dad735abc7fb16e78a37706f
本展出品
Img_a8060cfa4bef41b46525c9573288c460
過去作品
Img_3a8776bc60772fd833b3ffd21d08fcb7
過去制作風景
2016年は1月10日から岩谷雪子展がはじまります。
詳細upいたしました。⇒ (Click!) 
Img_640ce32dab4a5b5a35c272ea1bfe4585
堀田千尋 展
『Clean the house by using dogs 』

会期:2015年12日11日(金)~20日(日)
時間:月・火・土・日 12:00~18:00
水・金 15:00〜22:00 
定休日:木曜日
入場料:300円
その他:併設カフェあり

展覧会特設サイト⇒ (Click!) 

『モップ』という作品は、「モップのような犬」という言葉から着想しています。 掃除用具であるモップで”縫い包み”の犬を作り、それをある期間実際に使用した作品です。
「人、もの、言葉、その存在と関係性」について探っているアーティスト堀田千尋の展覧会を開催いたします。多摩美術大学を卒業後、初個展となる本展では『モップ』他、犬のシリーズを発展させた、 新たな2体の犬をモチーフにした発表を予定しています。
Img_48b7607fc0da2a1c98776206cc4445d2
本の町
Img_443ac1755e4db74687b7d24cdfb3d434
「夜の海」 199X年
Img_f747a123fb8a8ddbe21bca3689a1623f
「終わりを照らすもの2」 2011年 東京都写真美術館会場風景  photo:kenichiro oshima
松本力個展 『48SoItGose.』
展覧会特設サイト⇒ (Click!) 

会期:2015年11月21(土)~12月8日(火)
open:月・火・土・日 12:00~18:00
水・金 15:00〜22:00 
close:木曜日&11/28(土)、29日(日)
入場料:300円
※21日22日は多摩川オープンアトリエにつき無料
その他:併設カフェあり

『48SoItGose.』は、松本力が48年間の生きて来た年齢とその作品に
分析的思考で対峙するプロジェクトです。本展ではこれまでの47の作品と、
48番目として本年に制作した作品の他、進行中の作品の公開制作をいたします。

また、21日22日で大田区多摩川エリアに拠点をもつアーティストが
同時多発でオープンアトリエをいたします。Hasu no hanaでは、
大田区のアーティストの1人である松本力 個展の開催他、
作業場の一部を公開いたします。
Img_b437dcce136475ac180fb565e027c0dc
DM表写真/中川正子 天然生活2015年12月号掲載
Img_45e5daf3846597ab249725895d779bfd
Img_8594f006552cf9867ab5e55483cb4b23
©山田善仁
”le cocon 白いかばんと小物” 受注会の
特設ページupいたしました。
 (Click!) 
写真も多く載せてます。

-----------------------------

◉10月30日(金)〜11月14日(土)
”le cocon 白いかばんと小物” 受注会
月・火・土・日  12:00 〜 18:00
※10/31(土)は15:00〜22:00
水・金 15:00 〜 22:00
「人と人を紡ぐしろいかばんが生まれました。」
シンプルな形、丈夫で手に馴染む素材感、いつまでも使いたい白。
リサイクルを考える時、それは物の行き着く先に思いを馳せる事にも似ている。
沖縄・福祉施設発 飲料パックから作られたプロダクトle cocon(ル・ココン)の再受注会を開催いたします。
今回は、かばんに加えてブックカバー、ペンケースectの新作小物も発表いたします。

-----------------------------

天然生活12月号でle cocon (ル・ココン)を掲載してくださり、
その写真を受注会DMのメインビジュアルに使用させていただいております。

すごく丁寧に白いかばんが生まれるストーリーについて書かれているので、
天然生活の記事を是非読んで欲しいですー。
10月20日発売。まもなくです。
DM表写真/中川正子 天然生活2015年12月号掲載

飲料パックから出来ているこのかばん、実際にみると
革のような質感にびっくりされる方が多いのですよ。
今回は、施設利用者の中で絵の得意な方のイラストで、
しおりなども作るそうです。
DM裏のガジュマルやヤンバルクイナは山田善仁さん作。
こちらも素敵ですねーーー。
こちらもお楽しみに。
Img_b0ad61d1e1a7be7c787e9494d06af377
Img_513d2308bab9afcb2bc34047936be008
前半・西村陽一郎、人見将の展示は15日で無事終了し、
明日16日からは新井卓、村上華子の展示がはじまります。

モダン藝術写真展 REINCARNTION vol2は瑛九のフォトデッサンの
型紙を中心として企画しており、前半ではフォトグラムを
用いた作家を紹介。後半は、技法を超えたオリジナル表現や、
国際的な活動ということをキーワードに展開しています。

新井さんのダゲレオタイプの作品は、その鮮明さに
そのものに対峙しているような迫り来るものを感じます。

また、村上華子さんの作品は、いわゆる写真とか異なりますが、
キャプション読んでふーむと納得。非常に面白い作品です。
それがどんな作品なのかは是非会場にてお確かめください。

西村さん、人見さんのポートフォリオはそのままお預かりしておりますので、
前半もみたかったのに、これなかった、という方、
後半の展示と合わせてご覧になってくださいね。

明日から(もう今日からですね、、)よろしくお願いいたします。

※画像は前半の展示の様子でした。